2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2014 Rd.18 ブラジルGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.19 アブダビGP予選 »

F1 2014 Rd.18 ブラジルGP決勝

F1第18戦ブラジルGPでも大接戦のレースとなりました。

雨の予報も出ていた決勝は幸い雨も降らず、
ドライコンディションで行われました。

スタートはロズベルグがトップをキープしましたが、
ハミルトンが離れずにピタリと付いていきます。

7周目終了時にロズベルグが1回目のピットイン、
次の週にハミルトンがピットに向かいましたが順位は変わらず、
26周目終了時にロズベルグが2回目のピットに向かうと、
ハミルトンは1回目と同じくプッシュし、
前に立とうとしましたが、28周目の4コーナーでスピン、
その周の終了時にピットに向かうと7秒の差が開きました。

3回目のピットストップでも順位のトップ2台の順位は変わらず、
常に1秒未満の争いが最終ラップ続く争いは、
ミスをしなかったロズベルグに軍配が上がりました!

優勝は第10戦以来の勝利をポール・トゥ・ウィンで決めたロズベルグ、
2位はハミルトンでメルセデスの1-2は4戦連続11回目。

3位はサンパウロ出身のマッサ、
マッサは1回目のピットで速度違反をし5秒のストップ&ゴーをとられたり、
3回目のピットでは手前のマクラーレンのピットに入ってしまうミスがありましたが、
なんとか地元での表彰台を獲得しました。

4位はバトン、5位ベッテル、以下アロンソ、ライコネン、
ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、ボッタスまでがポイント圏内、
4番手スタートのボッタスはシートベルトが緩むアクシデントに見舞われ、
長いピットストップを強いられての10位、
リカルドはサスペンショントラブルによってリタイアに終えました。

<決勝>
1   6   N.ロズベルグ            71  1:30:02.555
2   44  L.ハミルトン            71  +     1.457
3   19  F.マッサ                71  +    41.031
4   22  J.バトン                71  +    48.658
5   1   S.ベッテル              71  +    51.420
6   14  F.アロンソ              71  +  1:01.906
7   7   K.ライコネン            71  +  1:03.730
8   27  N.ヒュルケンベルグ      71  +  1:03.934
9   20  K.マグヌッセン          71  +  1:10.085
10  77  V.ボッタス              70  +     1 Lap
11  26  D.クビアト              70  +     1 Lap
12  13  P.マルドナド            70  +     1 Lap
13  25  J-E.ベルニュ            70  +     1 Lap
14  21  E.グティエレス          70  +     1 Lap
15  11  S.ペレス                70  +     1 Lap
16  99  A.スーティル            70  +     1 Lap
17  8   R.グロジャン            63  +    8 Laps DNF
    3   D.リカルド              39  +   32 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンとロズベルグの差が17ポイントになりました。
最終戦はポイント2倍なので、ロズベルグがチャンピオンになるには、
最低でも5位以内に入ることが条件です。

以下がロズベルグのチャンピオンの条件です。
ロズベルグが1位(367P)の場合、ハミルトンが3位(364P)以下
ロズベルグが2位(353P)の場合、ハミルトンが6位(350P)以下
ロズベルグが3位(347P)の場合、ハミルトンが7位(346P)以下
ロズベルグが4位(341P)の場合、ハミルトンが9位(340P)以下
ロズベルグが5位(337P)の場合、ハミルトンが10位(336P)以下

これ以外はハミルトンがチャンピオンとなります。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  334P  ルイス・ハミルトン
2   -  317P  ニコ・ロズベルグ
3   -  214P  ダニエル・リカルド
4   △  159P  セバスチャン・ベッテル
5   △  157P  フェルナンド・アロンソ
6   ▼  156P  バルテリ・ボッタス
7   -  106P  ジェンソン・バトン
8   -  98P   フェリペ・マッサ
9   -  80P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  -  55P   ケビン・マグヌッセン
11  △  53P   キミ・ライコネン
12  ▼  47P   セルジオ・ペレス
13  -  22P   ジャン・エリック・ベルニュ
14  -  8P    ロマン・グロジャン
15  -  8P    ダニエル・クビアト
16  -  2P    パストール・マルドナド
17  -  2P    ジュール・ビアンキ
18  -  0P    エイドリアン・スーティル
19  -  0P    マーカス・エリクソン
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マックス・チルトン
22  -  0P    小林可夢偉
23  -  0P    アンドレ・ロッテラー

コンストラクターズポイントは今回も順位に変動ありませんでした。
このままの順位で決定しそうですね。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  651P  メルセデス
2   -  373P  レッドブル・ルノー
3  -  254P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  210P  フェラーリ
5   -  161P  マクラーレン・メルセデス
6   -  127P  フォースインディア・メルセデス
7   -  30P   トロロッソ・ルノー
8   -  10P   ロータス・ルノー
9   -  2P    マルシヤ・フェラーリ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    ケータハム・ルノー

次戦、最終戦アブダビGPは、11月21~23日に行われます。

« F1 2014 Rd.18 ブラジルGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.19 アブダビGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2014 Rd.18 ブラジルGP予選 | トップページ | F1 2014 Rd.19 アブダビGP予選 »