2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2015 Rd.2 マレーシアGP予選 | トップページ | 2015年4月の日程 »

F1 2015 Rd.2 マレーシアGP決勝

F1第2戦マレーシアGPは、赤いチームが力を見せつけました。

決勝は予選とは異なりドライコンディションで行われました。
今回はマルシャの決勝参加も認められましたが、
スティーブンスは予選から続くトラブルで欠場となりました。

スタートはハミルトンがトップを死守、
4周目にエリクソンが1コーナーでスピンを喫して抜け出せず、
セーフティカーが入ると多くのマシンがピットイン。
ベッテルはステイしてトップに立ちます。

セーフティカーがピットに戻りレースが再開されると
メルセデスの2台が順位を上げていきますが、
ベッテルとの差が10秒まで広がりました。

ピットでリーダーは変わっていきましたが、
有利に進めたベッテルがトップチェッカーを受けました!

2位はハミルトン、3位ロズベルグ、
4位は1周目にパンクをして最後尾から追い上げたライコネン。

5位ボッタス、6位マッサのウィリアムズ勢が続きました。
以下フェルスタッペン、サインツ、クビアト、リカルドまでがポイント圏内、
マクラーレンは2台ともトラブルでリタイアに終えています。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              56  1:41:05.793
2   44  L.ハミルトン            56  +     8.569
3   6   N.ロズベルグ            56  +    12.310
4   7   K.ライコネン            56  +    53.822
5   77  V.ボッタス              56  +  1:10.409
6   19  F.マッサ                56  +  1:13.586
7   33  M.フェルスタッペン      56  +  1:39.085
8   55  C.サインツ              55  +     1 Lap
9   26  D.クビアト              55  +     1 Lap
10  3   D.リカルド              55  +     1 Lap
11  8   R.グロジャン            55  +     1 Lap
12  12  F.ナッセ                55  +     1 Lap
13  11  S.ペレス                55  +     1 Lap
14  27  N.ヒュルケンベルグ      55  +     1 Lap
15  98  R.メルヒ                53  +    3 Laps
    13  P.マルドナド            47  +    9 Laps DNF
    22  J.バトン                41  +   15 Laps DNF
    14  F.アロンソ              21  +   35 Laps DNF
    9   M.エリクソン             3  +   53 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ベッテルが2位に浮上しました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  43P   ルイス・ハミルトン
2   △  40P   セバスチャン・ベッテル
3   ▼  33P   ニコ・ロズベルグ
4   -  20P   フェリペ・マッサ
5   △  12P   キミ・ライコネン
6   ▼  10P   フェリペ・ナッセ
7   △  10P   バルテリ・ボッタス
8   ▼  9P    ダニエル・リカルド
9   ▼  6P    ニコ・ヒュルケンベルグ
10  △  6P    マックス・フェルスタッペン
11  ▼  6P    カルロス・サインツ
12  ▼  4P    マーカス・エリクソン
13  △  2P    ダニエル・クビアト
14  ▼  1P    セルジオ・ペレス
15  ▼  0P    ジェンソン・バトン
16  ▼  0P    ロマン・グロジャン
17  ▼  0P    パストール・マルドナド
18  △  0P    ロベルト・メルヒ
19  △  0P    フェルナンド・アロンソ
20  △  0P    ウィル・スティーブンス

コンストラクターズポイントは以下の通り、
今シーズンはメルセデスの独走を食い止められるかも知れないですね。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  76P   メルセデス
2   -  52P   フェラーリ
3  △  30P   ウィリアムズ・メルセデス
4   ▼  14P   ザウバー・フェラーリ
5   △  12P   トロロッソ・ルノー
6   ▼  11P   レッドブル・ルノー
7   ▼  7P    フォースインディア・メルセデス
8   -  0P    マクラーレン・ホンダ
9   -  0P    ロータス・メルセデス
10  -  0P    マルシヤ・フェラーリ

次戦中国GPは、4月10~12日に行われます。

« F1 2015 Rd.2 マレーシアGP予選 | トップページ | 2015年4月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2015 Rd.2 マレーシアGP予選 | トップページ | 2015年4月の日程 »