2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2015 Rd.8 オーストリアGP予選 | トップページ | 2015年7月の日程 »

F1 2015 Rd.8 オーストリアGP決勝

F1第8戦オーストリアGPは、スタートで勝敗が決まりました。

オーストリアGPの決勝は1周目にライコネンとアロンソの激しいクラッシュで
セーフティカーの入る荒れたスタートとなりました。

ライコネンは2コーナーの立ち上がりでホイルスピンが起き、
アロンソを巻き込み、アロンソのマシンが
ライコネンのマシンに乗り上げるクラッシュとなりました。

6周目にレースが再開、1周目の1コーナーでトップに立ったロズベルグが
順調にリードラップを刻んでいきます。
2位のハミルトンはピット出口でホワイトラインをカット、
これによりレース後に5秒のペナルティが加算されることになり万事休す。

最後までハミルトンを寄せ付けず
トップチェッカーを受けたロズベルグが今シーズン3勝目をあげました!

2位にハミルトンで、今季5度目のメルセデスの1-2フィニッシュ達成、
3位マッサは今季初表彰台を獲得、
4位はピット作業で右後輪の交換にてまどいマッサに抜かれたベッテル。
終盤マッサに迫ったものの、最後まで順位を取り戻せませんでした。

5位はボッタス、6位ヒュルケンベルグ、以下マルドナド、
フェルスタッペン、ペレス、リカルドまでがポイント圏内、
バトンはトラブルによりリタイアでレースを終えています。

<決勝>
1   6   N.ロズベルグ            71  1:30:16.930
2   44  L.ハミルトン            71  +     8.800 (+5sec)
3   19  F.マッサ                71  +    17.573
4   5   S.ベッテル              71  +    18.181
5   77  V.ボッタス              71  +    53.604
6   27  N.ヒュルケンベルグ      71  +  1:04.075
7   13  P.マルドナド            70  +     1 Lap
8   33  M.フェルスタッペン      70  +     1 Lap
9   11  S.ペレス                70  +     1 Lap
10  3   D.リカルド              70  +     1 Lap
11  12  F.ナッセ                70  +     1 Lap
12  26  D.クビアト              70  +     1 Lap
13  9   M.エリクソン            69  +    2 Laps
14  98  R.メルヒ                68  +    3 Laps
    8   R.グロジャン            35  +   36 Laps DNF
    55  C.サインツ              35  +   36 Laps DNF
    22  J.バトン                 8  +   63 Laps DNF
    28  W.スティーブンス         1  +   70 Laps DNF
    7   K.ライコネン             0  +   71 Laps DNF
    14  F.アロンソ               0  +   71 Laps DNF

ドライバーズポイント、メルセデスはの両車は再び10ポイント差に、
3位以降との差はかなり大きくなってきました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  169P  ルイス・ハミルトン
2   -  159P  ニコ・ロズベルグ
3   -  120P  セバスチャン・ベッテル
4   -  72P   キミ・ライコネン
5   -  67P   バルテリ・ボッタス
6   -  62P   フェリペ・マッサ
7   -  36P   ダニエル・リカルド
8   -  19P   ダニエル・クビアト
9   △  18P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  ▼  17P   ロマン・グロジャン
11  ▼  16P   フェリペ・ナッセ
12  ▼  13P   セルジオ・ペレス
13  △  12P   パストール・マルドナド
14  -  10P   マックス・フェルスタッペン
15  ▼  9P    カルロス・サインツ
16  -  5P    マーカス・エリクソン
17  -  4P    ジェンソン・バトン
18  -  0P    フェルナンド・アロンソ
19  -  0P    ロベルト・メルヒ
20  -  0P    ウィル・スティーブンス

コンストラクターズポイントは以下の通り。
フォースインディアが5位に上がりました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  328P  メルセデス
2   -  192P  フェラーリ
3  -  129P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  55P   レッドブル・ルノー
5   △  31P   フォースインディア・メルセデス
6   ▼  29P   ロータス・メルセデス
7   ▼  21P   ザウバー・フェラーリ
8   -  19P   トロロッソ・ルノー
9   -  4P    マクラーレン・ホンダ
10  -  0P    マルシヤ・フェラーリ

次戦イギリスGPは、7月3~5日に行われます。

« F1 2015 Rd.8 オーストリアGP予選 | トップページ | 2015年7月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2015 Rd.8 オーストリアGP予選 | トップページ | 2015年7月の日程 »