2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2015 Rd.10 ハンガリーGP予選 | トップページ | 2015年8月の日程 »

F1 2015 Rd.10 ハンガリーGP決勝

F1第10戦ハンガリーGPは、予期せぬ結果となりました。

決勝はマッサがグリッド停止位置に付いていなかったと言うことで
フォーメーションラップがやり直し、1周減のレースとなりました。

スタートし1コーナーを制したのはベッテル、
ライコネンも次のコーナーまでにメルセデスを交わしてフェラーリの1-2体制に。

ハミルトンはロズベルグに前を行かれると、
シケイン手前でコースオフを喫して10位に後退してしまいましたが、
少しずつ順位を上げていく状況、29周目にリカルドを抜き4位まで上がりました。

43周目、ヒュルケンベルグのフロントウィングが突如脱落し、
1コーナーでクラッシュするとバーチャルセーフティカーが、
その後セーフティカーが入り再び接近すると、
数周前からマシントラブルを訴えペースが落ちていたライコネンが
48周目終了時のレース再開後にもペースが戻らず
順位を下げていき最後はリタイアとなってしまいました。

リスタート時はハミルトンが接触をしたことで再び後退、
さらにペナルティも受けてしまい、13位まで下がってしまいました。

ロズベルグは2位に付けて大量ポイントのチャンスでしたが、
3位にいたリカルドとの争いで接触しタイヤがバースト、
せっかくのチャンスを棒に振るってしまいます。

すぐ後ろにいたマシンがいなくなったベッテルは、
69周のレースを最後まで安定した速さを見せつけ、
今シーズン2度目となるトップチェッカーを受けました!

2位はクビアト、リスタート時にコースオフをし、
復帰したときにアドバンテージを稼いだために10秒加算されましたが順位変わらず、
3位はリカルドでレッドブルの2人が表彰台に乗りました。

4位はフェルスタッペン、5位にアロンソ、6位ハミルトン、
ハミルトンは2度のミスとペナルティがあったもののロズベルグより前でフィニッシュ、
以下グロジャン、ロズベルグ、バトン、エリクソンまでが入賞を果たしました。

今回は非常に多くのペナルティが出たレースとなりました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              69  1:46.09.985
2   26  D.クビアト              69  +    15.748 +10sec
3   3   D.リカルド              69  +    25.084
4   33  M.フェルスタッペン      69  +    44.251
5   14  F.アロンソ              69  +    49.079
6   44  L.ハミルトン            69  +    52.025
7   8   R.グロジャン            69  +    58.578
8   6   N.ロズベルグ            69  +    58.876
9   22  J.バトン                69  +  1:07.028
10  9   M.エリクソン            69  +  1:09.130
11  12  F.ナッセ                69  +  1:13.458
12  19  F.マッサ                69  +  1:14.278
13  77  V.ボッタス              69  +  1:20.228
14  13  P.マルドナド            69  +  1:25.142 +10sec
15  98  R.メルヒ                67  +    2 Laps
16  28  W.スティーブンス        65  +    4 Laps DNF
    55  C.サインツ              60  +    9 Laps DNF
    7   K.ライコネン            55  +   14 Laps DNF +5sec
    11  S.ペレス                53  +   16 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ      41  +   28 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ベッテルがロズベルグに接近してきました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  202P  ルイス・ハミルトン
2   -  181P  ニコ・ロズベルグ
3   -  160P  セバスチャン・ベッテル
4   -  77P   バルテリ・ボッタス
5   -  76P   キミ・ライコネン
6   -  74P   フェリペ・マッサ
7   -  51P   ダニエル・リカルド
8   -  45P   ダニエル・クビアト
9   -  24P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  -  23P   ロマン・グロジャン
11  △  22P   マックス・フェルスタッペン
12  ▼  16P   フェリペ・ナッセ
13  ▼  15P   セルジオ・ペレス
14  ▼  12P   パストール・マルドナド
15  △  11P   フェルナンド・アロンソ
16  ▼  9P    カルロス・サインツ
17  -  6P    ジェンソン・バトン
18  ▼  6P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    ロベルト・メルヒ
20  -  0P    ウィル・スティーブンス

コンストラクターズポイントはフェラーリがメルセデスとの差を縮めましたが、
147ポイントと大きな差が付いています。
レッドブルは33ポイント獲得、トロロッソが1つ順位を上げました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  383P  メルセデス
2   -  236P  フェラーリ
3  -  151P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  96P   レッドブル・ルノー
5   -  39P   フォースインディア・メルセデス
6   -  35P   ロータス・メルセデス
7   △  31P   トロロッソ・ルノー
8   ▼  22P   ザウバー・フェラーリ
9   -  17P   マクラーレン・ホンダ
10  -  0P    マルシヤ・フェラーリ

次戦ベルギーGPは、8月21~23日に行われます。

« F1 2015 Rd.10 ハンガリーGP予選 | トップページ | 2015年8月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2015 Rd.10 ハンガリーGP予選 | トップページ | 2015年8月の日程 »