2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2015 Rd.13 シンガポールGP予選 | トップページ | F1 2015 Rd.14 日本GP予選 »

F1 2015 Rd.13 シンガポールGP決勝

F1第13戦シンガポールGPは、波乱の展開となりました。

決勝は13周目、マッサのピットアウト時にヒュルケンベルグと接触し、
ヒュルケンベルグがウォールにクラッシュしてセーフティカーに、
37周目には男性がコースに進入して
2度目のセーフティカーが導入する波乱がありましたが、
ベッテルがセーフティカーのタイミングにも恵まれたことで
今シーズン3度目の勝利をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位はリカルド、一時はベッテルに迫る走りを見せましたが、
セーフティカーによってそのチャンスが失われてしまいました。
3位はライコネン、新品タイヤの時はペースが良かったものの、
周回を重ねると前について行けなくなり、トップ3は予選順になりました。

4位はロズベルグ、5位ボッタス、以下クビアト、
フェルスタッペン、サインツ、ナッセまでが入賞。

ハミルトンは27周目にトラブルが発生し、
1周10秒以上もラップタイムが落ちてしまい順位が後退、
最後はガレージに入れてリタイアとなりました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              61  2:01:22.118
2   3   D.リカルド              61  +     1.478
3   7   K.ライコネン            61  +    17.154
4   6   N.ロズベルグ            61  +    24.720
5   77  V.ボッタス              61  +    34.204
6   26  D.クビアト              61  +    35.508
7   11  S.ペレス                61  +    50.836
8   33  M.フェルスタッペン      61  +    51.450
9   55  C.サインツ              61  +    52.860
10  12  F.ナッセ                61  +  1:30.045
11  9   M.エリクソン            61  +  1:37.507
12  13  P.マルドナド            61  +  1:37.718
13  8   R.グロジャン            59  +    2 Laps DNF
14  53  A.ロッシ                59  +    2 Laps
15  28  W.スティーブンス        59  +    2 Laps
    22  J.バトン                52  +    9 Laps DNF
    14  F.アロンソ              33  +   28 Laps DNF
    44  L.ハミルトン            32  +   29 Laps DNF
    19  F.マッサ                30  +   31 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ      12  +   49 Laps

ドライバーズポイントは、ベッテルがロズベルグに接近してきました。
ライコネンが単独4位に浮上、ハミルトンはノーポイントでしたが、
ロズベルグとの差はまだ41ポイントも離れています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  252P  ルイス・ハミルトン
2   -  211P  ニコ・ロズベルグ
3   -  203P  セバスチャン・ベッテル
4   △  107P  キミ・ライコネン
5   △  101P  バルテリ・ボッタス
6   ▼  97P   フェリペ・マッサ
7   △  73P   ダニエル・リカルド
8   ▼  66P   ダニエル・クビアト
9   △  39P   セルジオ・ペレス
10  ▼  38P   ロマン・グロジャン
11  △  30P   マックス・フェルスタッペン
12  ▼  30P   ニコ・ヒュルケンベルグ
13  -  17P   フェリペ・ナッセ
14  -  12P   パストール・マルドナド
15  -  11P   フェルナンド・アロンソ
16  -  11P   カルロス・サインツ
17  -  9P    マーカス・エリクソン
18  -  6P    ジェンソン・バトン
19  -  0P    ロベルト・メルヒ
20  -  0P    ウィル・スティーブンス
21  △  0P    アレクサンダー・ロッシ

コンストラクターズポイント、
フェラーリが300ポイント到達しましたが、
メルセデスとの差は153ポイントで逆転は難しそうです。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  463P  メルセデス
2   -  310P  フェラーリ
3  -  198P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  139P  レッドブル・ルノー
5   -  69P   フォースインディア・メルセデス
6   -  50P   ロータス・メルセデス
7   -  41P   トロロッソ・ルノー
8   -  26P   ザウバー・フェラーリ
9   -  17P   マクラーレン・ホンダ
10  -  0P    マルシヤ・フェラーリ

次戦日本GPは今週、9月25~27日に行われます。

« F1 2015 Rd.13 シンガポールGP予選 | トップページ | F1 2015 Rd.14 日本GP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2015 Rd.13 シンガポールGP予選 | トップページ | F1 2015 Rd.14 日本GP予選 »