2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2015 Rd.14 日本GP予選 | トップページ | 2015年10月の日程 »

F1 2015 Rd.14 日本GP決勝

F1第14戦日本GPは、王者が圧巻の走りを見せました。

晴天に恵まれた今年の日本グランプリ決勝、
スタートはハミルトンとロズベルグがほぼ同じ加速になりましたが、
イン側のハミルトンが1コーナーで並ぶと2コーナーでトップに、
ロズベルグは2コーナーでやや膨らんで4位に後退しました。

2位にベッテル、3位にボッタスで5位にライコネンの順で進み、
11周目終了時にボッタスがピットイン、
その後ベッテル、ロズベルグ、ライコネン、ハミルトンとピットに向かうと、
ロズベルグが3位に浮上します。

28周目終了時にはボッタスに1秒以内の差で迫っていたライコネンがピットへ、
翌周にはボッタスがピットに入りましたが、ライコネンが上回ります。
この周にはロズベルグもピットイン、次の周にベッテルがピットに入ると
ロズベルグが2位に上がり、メルセデスの1-2体制に。

ハミルトンは31周目終了時に最後のピットインを済ませると、
充分なリードを築き上げて今シーズン8勝目をあげました!

2位はロズベルグで今シーズン8度目のメルセデスの1-2フィニッシュ達成、
3位はベッテル、4位はライコネンでフェラーリは3-4、
5位ボッタス、6位ヒュルケンベルグ、以下グロジャン、
マルドナド、フェルスタッペン、サインツまでがポイント圏内。

マッサはスタート直後にリカルドと接触して両者パンクし、
共に下位に沈みました。

マクラーレン・ホンダ勢はアロンソが11位で
惜しくもポイントに届かず、バトンは16位に終えました。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            53  1:28:06.508
2   6   N.ロズベルグ            53  +    18.964
3   5   S.ベッテル              53  +    20.850
4   7   K.ライコネン            53  +    33.768
5   77  V.ボッタス              53  +    36.746
6   27  N.ヒュルケンベルグ      53  +    55.559
7   8   R.グロジャン            53  +  1:12.298
8   13  P.マルドナド            53  +  1:13.575
9   33  M.フェルスタッペン      53  +  1:35.015
10  55  C.サインツ              52  +     1 Lap
11  14  F.アロンソ              52  +     1 Lap
12  11  S.ペレス                52  +     1 Lap
13  26  D.クビアト              52  +     1 Lap
14  9   M.エリクソン            52  +     1 Lap
15  3   D.リカルド              52  +     1 Lap
16  22  J.バトン                52  +     1 Lap
17  19  F.マッサ                51  +    2 Laps
18  53  A.ロッシ                51  +    2 Laps
19  28  W.スティーブンス        50  +    3 Laps
20  12  F.ナッセ                49  +    4 Laps DNF

ドライバーズポイントは、再びハミルトンが2位以下との差を広げました。
ロズベルグとベッテルの差はまだ接近しています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  277P  ルイス・ハミルトン
2   -  229P  ニコ・ロズベルグ
3   -  218P  セバスチャン・ベッテル
4   -  119P  キミ・ライコネン
5   -  111P  バルテリ・ボッタス
6   -  97P   フェリペ・マッサ
7   -  73P   ダニエル・リカルド
8   -  66P   ダニエル・クビアト
9   △  44P   ロマン・グロジャン
10  ▼  39P   セルジオ・ペレス
11  △  38P   ニコ・ヒュルケンベルグ
12  ▼  32P   マックス・フェルスタッペン
13  -  17P   フェリペ・ナッセ
14  -  16P   パストール・マルドナド
15  △  12P   カルロス・サインツ
16  ▼  11P   フェルナンド・アロンソ
17  -  9P    マーカス・エリクソン
18  -  6P    ジェンソン・バトン
19  -  0P    ロベルト・メルヒ
20  -  0P    ウィル・スティーブンス
21  -  0P    アレクサンダー・ロッシ

コンストラクターズポイントは順位変わらず、
メルセデスが500ポイントを超えました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  506P  メルセデス
2   -  337P  フェラーリ
3  -  208P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  139P  レッドブル・ルノー
5   -  77P   フォースインディア・メルセデス
6   -  60P   ロータス・メルセデス
7   -  44P   トロロッソ・ルノー
8   -  26P   ザウバー・フェラーリ
9   -  17P   マクラーレン・ホンダ
10  -  0P    マルシヤ・フェラーリ

次戦ロシアGPは、10月9~11日に行われます。

« F1 2015 Rd.14 日本GP予選 | トップページ | 2015年10月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2015 Rd.14 日本GP予選 | トップページ | 2015年10月の日程 »