2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2015 Rd.15 ロシアGP予選 | トップページ | F1 2015 Rd.16 アメリカGP予選 »

F1 2015 Rd.15 ロシアGP決勝

F1第15戦ロシアGPは、最終ラップまで激しい争いが見られました。

冬季オリンピックが開催されたソチでの会場を使用したコースでの決勝、
スタート直後にスピンしたヒュルケンベルグへエリクソンが接触、
これで最初のセーフティカーが入りました。

4周目にリスタート、4位に後退していたボッタスが
すぐさまライコネンをオーバーテイクし3位へ、
7周目になるとトップを走っていたロズベルグにトラブルが起き
ずるずると順位が落ちて痛恨のリタイアとなってしまいました。

これでハミルトンは独走態勢を築いていきます。

12周目のグロジャンのクラッシュによるセーフティカーが入ると、
このタイミングでペレス、リカルド、サインツと、
マクラーレン、マルシャの2チームがピットイン。

リスタート後、ほかの車も24周以降に徐々にピットに向かうと、
ペレスとリカルドが順位を上げ、後半まで上位争いに加わりますが、
リカルドはトラブルで脱落となってしまいました。

残り2周、3位ペレスにボッタスとライコネンが襲いかかり、
ペレスが5位に後退しラストラップへ、
ライコネンがボッタスを抜きにかかりましたが、
両者接触しボッタスはウォールへクラッシュしストップ、
ライコネンもダメージを受けてしまいました。

そしてトップチェッカーを受けたのはハミルトン、
今シーズン9回目の優勝を決めました!

2位はベッテル、3位はペレスが久しぶりの表彰台獲得!
ライコネンは最終ラップの接触により30秒加算されて
5位フィニッシュが8位の結果となりました。

4位はマッサ、5位クビアト、6位ナッセ、7位マルドナド、
9位バトン、10位フェルスタッペンまでが入賞。

アロンソは10位でチェッカーを受けましたが、
ショートカットをしたことで5秒加算されて11位入賞ならず、
またサインツもピットレーンの白線を横切り、
リタイアではありますが5秒のペナルティを受けています。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            53  1:37:11.024
2   5   S.ベッテル              53  +     5.953
3   11  S.ペレス                53  +    28.918
4   19  F.マッサ                53  +    38.831
5   26  D.クビアト              53  +    47.566
6   12  F.ナッセ                53  +    56.508
7   13  P.マルドナド            53  +  1:01.088
8   7   K.ライコネン            53  +  1:12.358 +30 sec
9   22  J.バトン                53  +  1:19.467
10  33  M.フェルスタッペン      53  +  1:28.424
11  14  F.アロンソ              53  +  1:31.210 +5 sec
12  77  V.ボッタス              52  +     1 Lap DNF
13  98  R.メルヒ                52  +     1 Lap
14  28  W.スティーブンス        51  +    2 Laps
15  3   D.リカルド              47  +    6 Laps DNF
    55  C.サインツ              45  +    8 Laps DNF
    8   R.グロジャン            11  +   42 Laps DNF
    6   N.ロズベルグ             7  +   46 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ       0  +   53 Laps DNF
    9   M.エリクソン             0  +   53 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ベッテルが2位に浮上しました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  302P  ルイス・ハミルトン
2   △  236P  セバスチャン・ベッテル
3   ▼  229P  ニコ・ロズベルグ
4   -  123P  キミ・ライコネン
5   -  111P  バルテリ・ボッタス
6   -  109P  フェリペ・マッサ
7   △  76P   ダニエル・クビアト
8   ▼  73P   ダニエル・リカルド
9   △  54P   セルジオ・ペレス
10  ▼  44P   ロマン・グロジャン
11  -  38P   ニコ・ヒュルケンベルグ
12  -  33P   マックス・フェルスタッペン
13  -  25P   フェリペ・ナッセ
14  -  22P   パストール・マルドナド
15  -  12P   カルロス・サインツ
16  -  11P   フェルナンド・アロンソ
17  -  9P    マーカス・エリクソン
18  -  8P    ジェンソン・バトン
19  -  0P    ロベルト・メルヒ
20  -  0P    ウィル・スティーブンス
21  -  0P    アレクサンダー・ロッシ

コンストラクターズポイントは順位変わりません。
メルセデスがコンストラクターズチャンピオンに輝きました!

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  531P  メルセデス
2   -  359P  フェラーリ
3  -  220P  ウィリアムズ・メルセデス
4   -  149P  レッドブル・ルノー
5   -  92P   フォースインディア・メルセデス
6   -  66P   ロータス・メルセデス
7   -  45P   トロロッソ・ルノー
8   -  34P   ザウバー・フェラーリ
9   -  19P   マクラーレン・ホンダ
10  -  0P    マルシヤ・フェラーリ

次戦アメリカGPは、10月23~25日に行われます。

« F1 2015 Rd.15 ロシアGP予選 | トップページ | F1 2015 Rd.16 アメリカGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2015 Rd.15 ロシアGP予選 | トップページ | F1 2015 Rd.16 アメリカGP予選 »