2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2016 Rd.01 オーストラリアGP予選 | トップページ | 2016年4月の日程 »

F1 2016 Rd.1 オーストラリアGP決勝

遅くなりました・・F1第1戦オーストラリアGP決勝の結果です。

2016年最初のF1グランプリはオーストラリアです。
とうとうBSでの放送も無くなり、CSに入っていない私は
とてもツライ状況になっています(涙)
NHK-BS1で放送して欲しいな・・・などと思いつつ・・・

決勝はフォーメーションラップ時にグリッド直前でストップしたクビアトが原因で、
エクストラフォーメーションラップとなり、1周少ない57周で争われました。

スタートはフェラーリがメルセデスを交わして、
ベッテル、ライコネンの1-2体制になりました。

17周目、3コーナーでアロンソがグティエレスに突っ込む形で接触、
激しいクラッシュとなりレッドフラッグが振られ一時中断となりました。
幸い2人は無事だったのはなによりでしたが、
過去のクラッシュを思い出させるものでした。

13~16周目までの1回目のピットストップにより
ベッテル、ロズベルグ、ライコネン、リカルド、フェルスタッペン、
サインツ、ハミルトンの順でセーフティカー先導によってレースが再開すると、
22周目にライコネンがマシントラブルが発生しリタイア。

31、32周目とトロロッソのピットインによってハミルトンは順位を上げていき、
2位まで浮上すると16周目(と赤旗時の18周目)以降ピットストップも無く走り続けます。

3位に後退したベッテルはハミルトンに迫りますが、
55周目にミスを犯してコースオフ、再び離されてしまいました。

結果、ロズベルグが終盤独走状態を築き上げ、開幕戦をポール・トゥ・ウィン!
2位はハミルトンがベッテルから逃げ切り、メルセデスの1-2フィニッシュ達成しました。

3位にベッテル、4位リカルド、5位マッサ、
6位には新チームのハースのグロジャンが見事に結果を残しました!

以下ヒュルケンベルグ、ボッタス、サインツ、フェルスタッペンまでが入賞、
16台が完走するレースとなりました。

<決勝>
1   6   N.ロズベルグ            57  1:48:15.565
2   44  L.ハミルトン            57  +     8.060
3   5   S.ベッテル              57  +     9.643
4   3   D.リカルド              57  +    24.330
5   19  F.マッサ                57  +    58.979
6   8   R.グロジャン            57  +  1:12.081
7   27  N.ヒュルケンベルグ      57  +  1:14.199
8   77  V.ボッタス              57  +  1:15.153
9   55  C.サインツ              57  +  1:15.680
10  33  M.フェルスタッペン      57  +  1:16.833
11  30  J.パーマー              57  +  1:23.399
12  20  K.マグヌッセン          57  +  1:25.606
13  11  S.ペレス                57  +  1:31.699
14  22  J.バトン                56  +     1 Lap
15  12  F.ナッセ                56  +     1 Lap
16  94  P.ウェーレイン          56  +     1 Lap
    9   M.エリクソン            38  +   19 Laps DNF
    7   K.ライコネン            21  +   36 Laps DNF
    88  R.ハリアント            17  +   40 Laps DNF
    21  E.グティエレス          16  +   41 Laps DNF
    14  F.アロンソ              16  +   41 Laps DNF
    26  D.クビアト               0  +   57 Laps DNS

ドライバーズポイントは以下の通り、
ルーキーのパーマーは惜しくもポイントに届きませんでしたね^^;

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  25P   ニコ・ロズベルグ
2   -  18P   ルイス・ハミルトン
3   -  15P   セバスチャン・ベッテル
4   -  12P   ダニエル・リカルド
5   -  10P   フェリペ・マッサ
6   -  8P    ロマン・グロジャン
7   -  6P    ニコ・ヒュルケンベルグ
8   -  4P    バルテリ・ボッタス
9   -  2P    カルロス・サインツ
10  -  1P    マックス・フェルスタッペン
11  -  0P    ジョリオン・パーマー
12  -  0P    ケビン・マグヌッセン
13  -  0P    セルジオ・ペレス
14  -  0P    ジェンソン・バトン
15  -  0P    フェリペ・ナッセ
16  -  0P    パスカル・ウェーレイン
17  -  0P    マーカス・エリクソン
18  -  0P    キミ・ライコネン
19  -  0P    リオ・ハリアント
20  -  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    フェルナンド・アロンソ
22  -  0P    ダニエル・クビアト

コンストラクターズポイント、
トップ4は2015年シーズンの総合順位と同じでした。
新チームのハースがポイントを獲得したのは快挙でしょう!

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  43P   メルセデス
2   -  15P   フェラーリ
3  -  14P   ウィリアムズ・メルセデス
4   -  12P   レッドブル・タグホイヤー
5   -  8P    ハース・フェラーリ
6   -  6P    フォースインディア・メルセデス
7   -  3P    トロロッソ・フェラーリ
8   -  0P    ルノー
9   -  0P    マクラーレン・ホンダ
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    マノー・メルセデス

次戦バーレーンGPは、4月1~3日に行われます。

« F1 2016 Rd.01 オーストラリアGP予選 | トップページ | 2016年4月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。青葉さんもBS組でしたか。
私もCSに入ってませんので、残念ながら一時休止です。
フォーミュラEみたいなダイジェスト方式でも構いませんので、BSで流して欲しいですね~。

シーズン前テストではハースの戦闘力が注目されましたが、レース展開にも助けられて、初レース初ポイント。
これは2002年のトヨタ以来ですが、プライベーターとなるといつ以来なのやら…。(気が向いたら調べます)

まぁ、実は今までもCS無しでも「LIVE視聴」していたので、
今年も同様の方法でLIVE視聴するんですけどね^^;
録画して見返せないのはやはりツライです。

ハースやマノーといったチームが
予想を覆す結果を見せてくれると面白くなりそうです☆

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2016 Rd.01 オーストラリアGP予選 | トップページ | 2016年4月の日程 »