2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2016年6月の日程 | トップページ | F1 2016 Rd.07 カナダGP予選 »

F1 2016 Rd.6 モナコGP決勝

F1第6戦モナコGP決勝はピットミスが勝敗を決めました。

今年のモナコは雨のち晴れの難しいコンディションとなりました。

雨のためにセーフティカー先導で始まった決勝は、
7周目終了時にグリーンが振られるとすぐに混乱が起き、
パーマーがホームストレートでアクアプレーニングによりクラッシュ、
さらに11周目にはローズヘアピンでライコネンが止まりきれずにクラッシュ、
フロントウィングを落としてシケインのエスケープゾーンでリタイアと、
荒れた序盤となりました。

ポールスタートのリカルドは順調に周回を重ねていましたが、
31周目終了時の3回目のピットストップでタイヤが用意されていない重大なミスがあり、
10秒近くもロスをしたことでハミルトンに逆転を許すと、
以降ハミルトンを追い抜くことが出来ず、
ハミルトンが今シーズン初優勝を決めました!

2位はリカルド、序盤は完璧だったのがピットでのロスによって
優勝を逃す結果となってしまいました。

3位はフォースインディアのペレスが見事に表彰台を獲得、
4位にベッテル、5位アロンソ、6位ロズベルグ、
以下ヒュルケンベルグ、サインツ、バトン、マッサまでがポイント圏内。

ウェーレインはセーフティカー時の速度オーバーで10秒と
ブルーフラッグ無視の10秒で20秒のペナルティ、
ボッタスはグティエレスとのラスカスでの接触により10秒加算され、
それぞれ1つずつ順位を落としています。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            78  1:59:29.133
2   3   D.リカルド              78  +     7.252
3   11  S.ペレス                78  +    13.825
4   5   S.ベッテル              78  +    15.846
5   14  F.アロンソ              78  +  1:25.076
6   6   N.ロズベルグ            78  +  1:32.999
7   27  N.ヒュルケンベルグ      78  +  1:33.290
8   55  C.サインツ              77  +     1 Lap
9   22  J.バトン                77  +     1 Lap
10  19  F.マッサ                77  +     1 Lap
11  21  E.グティエレス          77  +     1 Lap
12  77  V.ボッタス              77  +     1 Lap +10sec
13  8   R.グロジャン            76  +    2 Laps
14  94  P.ウェーレイン          76  +    2 Laps +10+10sec
15  88  R.ハリアント            74  +    4 Laps
    9   M.エリクソン            51  +   27 Laps DNF
    12  F.ナッセ                48  +   30 Laps DNF
    33  M.フェルスタッペン      34  +   44 Laps DNF
    20  K.マグヌッセン          32  +   46 Laps DNF
    26  D.クビアト              18  +   60 Laps DNF
    7   K.ライコネン            10  +   68 Laps DNF
    30  J.パーマー               7  +   71 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンとリカルドが順位を上げ、
フェラーリの2人が後退しました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  106P  ニコ・ロズベルグ
2   △  82P   ルイス・ハミルトン
3   △  66P   ダニエル・リカルド
4   ▼  61P   キミ・ライコネン
5   ▼  60P   セバスチャン・ベッテル
6   -  38P   マックス・フェルスタッペン
7   -  37P   フェリペ・マッサ
8   -  29P   バルテリ・ボッタス
9   △  23P   セルジオ・ペレス
10  ▼  22P   ダニエル・クビアト
11  ▼  22P   ロマン・グロジャン
12  -  18P   フェルナンド・アロンソ
13  ▼  16P   カルロス・サインツ
14  △  14P   ニコ・ヒュルケンベルグ
15  ▼  6P    ケビン・マグヌッセン
16  -  5P    ジェンソン・バトン
17  -  1P    ストフェル・バンドーン
18  △  0P    エスティバン・グティエレス
19  ▼  0P    ジョリオン・パーマー
20  -  0P    マーカス・エリクソン
21  -  0P    パスカル・ウェーレイン
22  -  0P    フェリペ・ナッセ
23  -  0P    リオ・ハリアント

コンストラクターズポイントは、メルセデスが再び差を広げました。
レッドブルがフェラーリに接近、フォースインディアが順位を上げています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  188P  メルセデス
2   -  121P  フェラーリ
3   -  112P  レッドブル・タグホイヤー
4  -  66P   ウィリアムズ・メルセデス
5   △  37P   フォースインディア・メルセデス
6   -  30P   トロロッソ・フェラーリ
7   -  24P   マクラーレン・ホンダ
8   ▼  22P   ハース・フェラーリ
9   -  6P    ルノー
10  -  0P    ザウバー・フェラーリ
11  -  0P    マノー・メルセデス

次戦カナダGPは、6月10~12日に行われます。

« 2016年6月の日程 | トップページ | F1 2016 Rd.07 カナダGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年6月の日程 | トップページ | F1 2016 Rd.07 カナダGP予選 »