2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2016年10月の日程 | トップページ | F1 2016 Rd.17 日本GP予選 »

F1 2016 Rd.16 マレーシアGP決勝

F1第16戦マレーシアGP決勝は、大きな波乱がありました。

決勝はハミルトンが好スタートを切りましたが、
そのすぐ後ろではベッテルとロズベルグが接触、
ベッテルの左前輪のサスペンションが破損してリタイアし、
バーチャルセーフティカーが入る荒れたスタートとなりました。

リードするハミルトンは順調に周回を重ねていき、
2位以下との差を突き放していきましたが、
41周目、ハミルトンのマシンから出火してまさかのリタイア、
変わってトップに立ったリカルドが、
一時激しい猛追を仕掛けてきたフェルスタッペンを抑えて優勝!
今シーズン4人目の優勝者となりました。

2位はフェルスタッペンで、2013年最終戦以来のレッドブルの1-2フィニッシュ達成、
3位は1周目にベッテルとの接触で順位を下げていたロズベルグ、
後半ライコネンをオーバーテイクしたときに接触させたことで
10秒ペナルティが加算されましたが、それでも3位表彰台を獲得しました。

4位はライコネン、5位ボッタス、以下ペレス、アロンソ、
ヒュルケンベルグ、バトン、パーマーまでがポイント圏内、
パーマーは初入賞となりました。

なお、オコンのペナルティはピットレーン速度違反によるものです。

<決勝>
1   3   D.リカルド              56  1:37:12.776
2   33  M.フェルスタッペン      56  +     2.443
3   6   N.ロズベルグ            56  +    25.516 +10sec
4   7   K.ライコネン            56  +    28.785
5   77  V.ボッタス              56  +  1:01.582
6   11  S.ペレス                56  +  1:03.794
7   14  F.アロンソ              56  +  1:05.205
8   27  N.ヒュルケンベルグ      56  +  1:14.062
9   22  J.バトン                56  +  1:21.816
10  30  J.パーマー              56  +  1:35.466
11  55  C.サインツ              56  +  1:38.878
12  9   M.エリクソン            55  +     1 Lap
13  19  F.マッサ                55  +     1 Lap
14  26  D.クビアト              55  +     1 Lap
15  94  P.ウェーレイン          55  +     1 Lap
16  31  E.オコン                55  +     1 Lap +5sec
    12  F.ナッセ                46  +   10 Laps DNF
    44  L.ハミルトン            40  +   16 Laps DNF
    21  E.グティエレス          39  +   27 Laps DNF
    20  K.マグヌッセン          17  +   39 Laps DNF
    8   R.グロジャン             7  +   49 Laps DNF
    5   S.ベッテル               0  +   56 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ロズベルグがハミルトンとの差を広げました。
ライコネンはベッテルを抜いて4位に、アロンソはマッサを抜き10位に上がっています。

チャンピオンの可能性はライコネンまでが完全に消滅しました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  288P  ニコ・ロズベルグ
2   -  265P  ルイス・ハミルトン
3   -  204P  ダニエル・リカルド
--------163P--------------------------------------
4   △  160P  キミ・ライコネン
5   ▼  153P  セバスチャン・ベッテル
6   -  147P  マックス・フェルスタッペン
7   -  80P   バルテリ・ボッタス
8   -  74P   セルジオ・ペレス
9   -  50P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  △  42P   フェルナンド・アロンソ
11  ▼  41P   フェリペ・マッサ
12  -  30P   カルロス・サインツ
13  -  28P   ロマン・グロジャン
14  -  25P   ダニエル・クビアト
15  -  19P   ジェンソン・バトン
16  -  7P    ケビン・マグヌッセン
17  △  1P    ジョリオン・パーマー
18  ▼  1P    パスカル・ウェーレイン
19  ▼  1P    ストフェル・バンドーン
20  ▼  0P    エスティバン・グティエレス
21  -  0P    マーカス・エリクソン
22  -  0P    フェリペ・ナッセ
23  -  0P    リオ・ハリアント
24  -  0P    エステバン・オコン

コンストラクターズポイントは、レッドブルが43ポイント獲得、
レッドブルとフェラーリの差が46ポイントまで拡大しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  553P  メルセデス
2   -  359P  レッドブル・タグホイヤー
--------338P--------------------------------------
3   -  313P  フェラーリ
4   -  124P  フォースインディア・メルセデス
5  -  121P  ウィリアムズ・メルセデス
6   -  62P   マクラーレン・ホンダ
7   -  47P   トロロッソ・フェラーリ
8   -  28P   ハース・フェラーリ
9   -  8P    ルノー
10  -  1P    マノー・メルセデス
11  -  0P    ザウバー・フェラーリ

次戦日本GPは今週、10月7~9日に行われます。

« 2016年10月の日程 | トップページ | F1 2016 Rd.17 日本GP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年10月の日程 | トップページ | F1 2016 Rd.17 日本GP予選 »