2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2016 Rd.20 ブラジルGP予選 | トップページ | F1 2016 Rd.21 アブダビGP予選 »

F1 2016 Rd.20 ブラジルGP決勝

F1第20戦ブラジルGP決勝は雨に翻弄されたレースとなりました。

決勝開始前から降っていた雨や、
スタート前のレコノサンスラップでグロジャンがクラッシュしたこともあってか、
セーフティカー導入でのスタートとなりました。

7周目にグリーンフラッグが振られてスタートしたものの、
13周目にエリクソンがクラッシュしてセーフティカーが、
さらに19周目のリスタートでライコネンがクラッシュをし、
レッドフラッグが出る荒れた展開に。

その後も雨によってセーフティカー先導で再開されると、
27周目にもレッドフラッグが振られて2度目の中断。

25分ほどの中断があり、再開後も雨の中でレースが続きました。

48周目、今シーズンでのF1引退を発表しているマッサが
最終コーナーでクラッシュして再度セーフティカー導入、
マッサはブラジル国旗を背負いながら観客の声援に応えていました。

今回のレース、ベッテルやアロンソなどもスピンをする難しい状況で、
ハミルトンは常にトップを守りきってポール・トゥ・ウィン!
ロズベルグに並ぶ今季9勝目を3連勝で飾りました。

2位はロズベルグ、メルセデスの1-2フィニッシュはこれで今季7回目、
3位はフェルスタッペン、4位はペレスが入りました。

5位にベッテル、6位サインツ、7位ヒュルケンベルグ、8位リカルド、
そして9位にはザウバーのナッセが今季初の入賞を果たしました。
10位はアロンソ、12位のオコンは入賞の可能性があっただけに惜しい結果でした。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            71  3:01:01.335
2   6   N.ロズベルグ            71  +    11.455
3   33  M.フェルスタッペン      71  +    21.481
4   11  S.ペレス                71  +    25.346
5   5   S.ベッテル              71  +    26.334
6   55  C.サインツ              71  +    29.160
7   27  N.ヒュルケンベルグ      71  +    29.827
8   3   D.リカルド              71  +    30.486
9   12  F.ナッセ                71  +    42.620
10  14  F.アロンソ              71  +    44.432
11  77  V.ボッタス              71  +    45.292
12  31  E.オコン                71  +    45.809
13  26  D.クビアト              71  +    51.192
14  20  K.マグヌッセン          71  +    51.555
15  94  P.ウェーレイン          71  +  1:00.498
16  22  J.バトン                71  +  1:21.994
    21  E.グティエレス          60  +   11 Laps DNF
    19  F.マッサ                46  +   25 Laps DNF
    30  J.パーマー              20  +   51 Laps DNF
    7   K.ライコネン            19  +   52 Laps DNF
    9   M.エリクソン            11  +   60 Laps DNF
    8   R.グロジャン             0  +   71 Laps DNS

ドライバーズポイントは、ハミルトンがロズベルグとの差を縮めました。
今回の結果、12ポイント差に縮ったので、チャンピオン争いは次のようになります。

まずはここまでの結果は・・・

ロズベルグ 1位9回、2位4回、3位2回、4位2回、5位1回
ハミルトン 1位9回、2位3回、3位4回、4位0回、5位1回

ということで、同ポイントで並んだ場合は2位の回数でロズベルグが有利ですが、
ハミルトンが最終戦で2位になって同ポイントになると
3位の回数でハミルトンが有利になります。

ロズベルグがチャンピオンになる条件は次の通り。

ハミルトン4位(367P)以下・・・ロズベルグは順位に関わらずチャンピオン
ハミルトン3位(370P)・・・ロズベルグ8位(371P)以内
ハミルトン2位(373P)・・・ロズベルグ6位(375P)以内
ハミルトン1位(380P)・・・ロズベルグ3位(382P)以内

ロズベルグにとっては2位以上であれば文句なし、
ハミルトンは表彰台は絶対で、なおかつ他のチームにも頑張って貰って、
ロズベルグの順位を下げて欲しいところかもしれませんね。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  367P  ニコ・ロズベルグ
2   -  355P  ルイス・ハミルトン
--------342P--------------------------------------
3   -  246P  ダニエル・リカルド
4   -  197P  セバスチャン・ベッテル
5   △  192P  マックス・フェルスタッペン
6   ▼  178P  キミ・ライコネン
7   -  97P   セルジオ・ペレス
8   -  85P   バルテリ・ボッタス
9   -  66P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  -  53P   フェルナンド・アロンソ
11  -  51P   フェリペ・マッサ
12  -  46P   カルロス・サインツ
13  -  29P   ロマン・グロジャン
14  -  25P   ダニエル・クビアト
15  -  21P   ジェンソン・バトン
16  -  7P    ケビン・マグヌッセン
17  △  2P    フェリペ・ナッセ
18  ▼  1P    ジョリオン・パーマー
19  ▼  1P    パスカル・ウェーレイン
20  ▼  1P    ストフェル・バンドーン
20  ▼  0P    エスティバン・グティエレス
21  ▼  0P    マーカス・エリクソン
23  △  0P    エステバン・オコン
24  ▼  0P    リオ・ハリアント

コンストラクターズポイントは、上位3チームの順位が確定しました。
ザウバーは今シーズン初ポイントを獲得、10位に上がり、マノーが11位に後退しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  722P  メルセデス
--------679P--------------------------------------
2   -  446P  レッドブル・タグホイヤー
3   -  375P  フェラーリ
4   -  163P  フォースインディア・メルセデス
5  -  136P  ウィリアムズ・メルセデス
6   -  75P   マクラーレン・ホンダ
7   -  63P   トロロッソ・フェラーリ
8   -  29P   ハース・フェラーリ
9   -  8P    ルノー
10  △  2P    ザウバー・フェラーリ
11  ▼  1P    マノー・メルセデス

次戦最終戦アブダビGPは、11月25~27日に行われます。

« F1 2016 Rd.20 ブラジルGP予選 | トップページ | F1 2016 Rd.21 アブダビGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2016 Rd.20 ブラジルGP予選 | トップページ | F1 2016 Rd.21 アブダビGP予選 »