2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2016年12月の日程 | トップページ | オンラインRPG »

F1 2016 Rd.21 アブダビGP決勝

F1最終戦アブダビGP決勝はチェッカーまで分からない熾烈な争いとなりました。

最終戦アブダビの決勝は、ハミルトンがリードを守ると、
ロズベルグが追いかける展開になりました。

ハミルトンがチャンピオンになるには、
ロズベルグが4位以下にならなければいけない。
そこで、後半ペースを落として5秒近く離れていた3位以下を接近させると、
残り5周を切って1位から4位まで3秒差の争いに。

最終ラップ、3位までが1秒を切る中、
トップチェッカーを受けたのはハミルトンで今シーズン10勝目、
しかし2位にロズベルグ、3位ベッテル、4位フェルスタッペンと続き、
ロズベルグが2016年の世界王者に輝きました!

5位はリカルド、6位ライコネン、7位ヒュルケンベルグ、8位ペレス、
9位は引退表明していたマッサで10位にアロンソ。

バトンは縁石に乗った衝撃で右前輪のサスペンションが折れたようでリタイア、
パーマーはサインツに追突しリタイアに追い込んだことで5秒のペナルティ。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            55  1:38:04.013
2   6   N.ロズベルグ            55  +     0.439
3   5   S.ベッテル              55  +     0.843
4   33  M.フェルスタッペン      55  +     1.685
5   3   D.リカルド              55  +     5.315
6   7   K.ライコネン            55  +    18.816
7   27  N.ヒュルケンベルグ      55  +    50.114
8   11  S.ペレス                55  +    58.776
9   19  F.マッサ                55  +    59.436
10  14  F.アロンソ              55  +    59.896
11  8   R.グロジャン            55  +  1:16.777
12  21  E.グティエレス          55  +  1:35.113
13  31  E.オコン                54  +     1 Lap
14  94  P.ウェーレイン          54  +     1 Lap
15  9   M.エリクソン            54  +     1 Lap
16  12  F.ナッセ                54  +     1 Lap
17  30  J.パーマー              54  +     1 Lap +5sec
    55  C.サインツ              41  +   14 Laps DNF
    26  D.クビアト              14  +   41 Laps DNF
    22  J.バトン                12  +   43 Laps DNF
    77  V.ボッタス               6  +   49 Laps DNF
    20  K.マグヌッセン           5  +   50 Laps DNF

ドライバーズポイントはこのようになりました。

最後の最後まで分からない争いはロズベルグに軍配、
ハミルトンはUSグランプリからの怒濤の4連勝を見せましたが、
夏休み明けのベルギーから日本までで差を付けられてしまいました。

3位はリカルド、全戦完走し20戦で入賞と安定感がありました。
4位はベッテル、5位フェルスタッペン、6位ライコネン。

フェラーリは1度も優勝できませんでしたが、
レッドブルのリカルドとフェルスタッペンは1勝ずつと見事な結果、
ちなみに、ハミルトンが10勝、ロズベルグが9勝で、
今年優勝したのは4人だけです。

引退を発表したマッサは11位、バトンは15位、

なお、12月2日の午後、ロズベルグが引退を発表!
来年も活躍を楽しみにしていたので残念です。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  385P  ニコ・ロズベルグ
2   -  380P  ルイス・ハミルトン
3   -  256P  ダニエル・リカルド
4   -  212P  セバスチャン・ベッテル
5   -  204P  マックス・フェルスタッペン
6   -  186P  キミ・ライコネン
7   -  101P  セルジオ・ペレス
8   -  85P   バルテリ・ボッタス
9   -  72P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  -  54P   フェルナンド・アロンソ
11  -  53P   フェリペ・マッサ
12  -  46P   カルロス・サインツ
13  -  29P   ロマン・グロジャン
14  -  25P   ダニエル・クビアト
15  -  21P   ジェンソン・バトン
16  -  7P    ケビン・マグヌッセン
17  -  2P    フェリペ・ナッセ
18  -  1P    ジョリオン・パーマー
19  -  1P    パスカル・ウェーレイン
20  -  1P    ストフェル・バンドーン
21  -  0P    エスティバン・グティエレス
22  -  0P    マーカス・エリクソン
23  -  0P    エステバン・オコン
24  -  0P    リオ・ハリアント

コンストラクターズポイントです。
今年もメルセデスは強かったですね・・・
フェラーリは昨年と比べて1つ順位を落とし、
レッドブルは4位から4位へと上がりました。
フォースインディアとマクラーレンは昨年より良い結果になりましたが、
ザウバーはかろうじてポイントを獲得と苦しい年に。

新チームのハースは8位と検討、マノーは1ポイントにとどまりましたが、
惜しいレースも多かったので、来年さらなるポイント獲得に期待ですね^^

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  765P  メルセデス
2   -  468P  レッドブル・タグホイヤー
3   -  398P  フェラーリ
4   -  173P  フォースインディア・メルセデス
5  -  138P  ウィリアムズ・メルセデス
6   -  76P   マクラーレン・ホンダ
7   -  63P   トロロッソ・フェラーリ
8   -  29P   ハース・フェラーリ
9   -  8P    ルノー
10  -  2P    ザウバー・フェラーリ
11  -  1P    マノー・メルセデス

今年は最後まで激しい争いとなりましたね^^

来年は車両規定が変わって大幅なタイム向上が見られるそうです。
大きく変わるためにどのチームが勝つか、今はまだ全く予想できません☆

2017年の開幕戦オーストラリアGPは、3月24~26日の予定です。

« 2016年12月の日程 | トップページ | オンラインRPG »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年12月の日程 | トップページ | オンラインRPG »