2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2017 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2017 Rd.8 アゼルバイジャンGP予選 »

F1 2017 Rd.7 カナダGP決勝

F1第7戦カナダGP決勝は、ハミルトンの独壇場となりました。

カナダグランプリの決勝は、ハミルトンがリードを守って始まると、
3コーナー直前でサインツがスピンしたことで、
前を走っていたマッサを巻き込んで共にリタイア、
セーフティカーの入る荒れた始まりとなりました。

セーフティカーが解除されてリスタート後は、
ハミルトンが他の追随を許さない独走状態を築き上げ、
今シーズン3勝目となるポール・トゥ・ウィンを決めました!

2位はボッタス、3位リカルド、
4位はベッテル、フェラーリはスタートで順位を落とし、
ベッテルはフロントウィングも壊したことが響きました。

5位、6位はフォースインディアのペレス、オコン、
7位ライコネンは後半苦しい走りになりました。

以下ヒュルケンベルグ、ストロール、グロジャンまでが入賞、
フェルスタッペンはトラブルでリタイア、
アロンソは今季初ポイントが目の前に迫る走りを見せてましたが、
残り4周を切ってエンジントラブルに、10位入賞を逃しました。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            70  1:33:05.154
2   77  V.ボッタス              70  +    19.783
3   3   D.リカルド              70  +    35.297
4   5   S.ベッテル              70  +    35.907
5   11  S.ペレス                70  +    40.476
6   31  E.オコン                70  +    40.716
7   7   K.ライコネン            70  +    58.632
8   27  N.ヒュルケンベルグ      70  +  1:00.374
9   18  L.ストロール            69  +     1 Lap
10  8   R.グロジャン            69  +     1 Lap
11  30  J.パーマー              69  +     1 Lap
12  20  K.マグヌッセン          69  +     1 Lap
13  9   M.エリクソン            69  +     1 Lap
14  2   S.バンドーン            69  +     1 Lap
15  94  P.ウェーレイン          68  +    2 Laps
16  14  F.アロンソ              66  +    4 Laps DNF
    26  D.クビアト              54  +   16 Laps DNF
    33  M.フェルスタッペン      10  +   60 Laps DNF
    19  F.マッサ                 0  +   70 Laps DNF
    55  C.サインツ               0  +   70 Laps DNF

ドライバーズポイントはベッテルがトップのまま、
レギュラードライバーでノーポイントなのは
エリクソンとアロンソとバンドーンの3人になりました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  141P  セバスチャン・ベッテル
2   -  129P  ルイス・ハミルトン
3   -  93P   バルテリ・ボッタス
4   -  73P   キミ・ライコネン
5   -  67P   ダニエル・リカルド
6   -  45P   マックス・フェルスタッペン
7   -  44P   セルジオ・ペレス
8   △  27P   エステバン・オコン
9   ▼  25P   カルロス・サインツ
10  ▼  20P   フェリペ・マッサ
11  -  18P   ニコ・ヒュルケンベルグ
12  -  10P   ロマン・グロジャン
13  -  5P    ケビン・マグヌッセン
14  -  4P    パスカル・ウェーレイン
15  -  4P    ダニエル・クビアト
16  △  2P    ランス・ストロール
17  ▼  0P    ジョリオン・パーマー
18  ▼  0P    マーカス・エリクソン
19  -  0P    フェルナンド・アロンソ
20  -  0P    アントニオ・ジョビナッツィ
21  -  0P    ストフェル・バンドーン
22  -  0P    ジェンソン・バトン

コンストラクターズポイントはメルセデスが再び逆転しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   △  222P  メルセデス
2   ▼  214P  フェラーリ
3   -  112P  レッドブル・タグホイヤー
4   -  71P   フォースインディア・メルセデス
5   -  29P   トロロッソ・フェラーリ
6  -  22P   ウィリアムズ・メルセデス
7   -  18P   ルノー
8   -  15P   ハース・フェラーリ
9   -  4P    ザウバー・フェラーリ
10  -  0P    マクラーレン・ホンダ

次戦アゼルバイジャンGPは、6月23~25日に行われます。

« F1 2017 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2017 Rd.8 アゼルバイジャンGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2017 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2017 Rd.8 アゼルバイジャンGP予選 »