2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2017年8月の日程 | トップページ | F1 2017 Rd.12 ベルギーGP予選 »

F1 2017 Rd.11 ハンガリーGP決勝

F1第11戦ハンガリーGP決勝は、終盤まで目の離せない展開になりました。

ハンガリーグランプリの決勝は、
1周目にレッドブル同士のクラッシュによってリカルドがリタイア、
セーフティカーが入る波乱のスタートとなりました。

4周目終了時にグリーンフラッグが振られると、
ベッテルと2位のライコネンが、
3位のフェルスタッペン以下を引き離す展開に。

20周目あたりからは1位と3位の差は変わらなくなっていき、
ピット作業を各車終えるとトップ3の差は5秒以下に接近しました。

ライコネンはチームメイトを無理してオーバーテイクを仕掛けることも出来ず、
ボッタスはハミルトンに前を譲り、ハミルトンがフェラーリに襲いかかります。

48周目からは3位までが3秒未満の接近戦となり、
接近戦は最終ラップまで続きましたが、
ベッテルが逃げ切ってトップチェッカー、
苦しみながらも今シーズン4勝目をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位はライコネン、ベッテルよりも速かったのですけど抜けず、
また抜かれることなく、今季2度目のフェラーリの1-2フィニッシュ達成。

3位はボッタス、ハミルトンはラストラップにボッタスに譲り返し4位、
以下フェルスタッペン、アロンソ、サインツ、ペレス、オコン、バンドーンまでが入賞、
マクラーレンは今季ベストリザルトとなりました。

なおマグヌッセンは終盤他車をコース外へ追い出したことで
5秒のペナルティが加算され、2つ順位を落としました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              70  1:39:46.713
2   7   K.ライコネン            70  +     0.908
3   77  V.ボッタス              70  +    12.462
4   44  L.ハミルトン            70  +    12.885
5   33  M.フェルスタッペン      70  +    13.276
6   14  F.アロンソ              70  +  1:11.223
7   55  C.サインツ              69  +     1 Lap
8   11  S.ペレス                69  +     1 Lap
9   31  E.オコン                69  +     1 Lap
10  2   S.バンドーン            69  +     1 Lap
11  26  D.クビアト              69  +     1 Lap
12  30  J.パーマー              69  +     1 Lap
13  20  K.マグヌッセン          69  +     1 Lap 5sec
14  18  L.ストロール            69  +     1 Lap
15  94  P.ウェーレイン          68  +    2 Laps
16  9   M.エリクソン            68  +    2 Laps
17  27  N.ヒュルケンベルグ      67  +    3 Laps DNF
    40  P.ディ・レスタ          60  +   10 Laps DNF
    8   R.グロジャン            20  +   50 Laps DNF
    3   D.リカルド               0  +   70 Laps DNF

ドライバーズポイントはトップ10までで順位変わらず、
ベッテルとハミルトンとの差は再び開きました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  202P  セバスチャン・ベッテル
2   -  188P  ルイス・ハミルトン
3   -  169P  バルテリ・ボッタス
4   -  117P  ダニエル・リカルド
5   -  116P  キミ・ライコネン
6   -  67P   マックス・フェルスタッペン
7   -  56P   セルジオ・ペレス
8   -  45P   エステバン・オコン
9   -  35P   カルロス・サインツ
10  -  26P   ニコ・ヒュルケンベルグ
11  -  23P   フェリペ・マッサ
12  -  18P   ランス・ストロール
13  -  18P   ロマン・グロジャン
14  -  11P   ケビン・マグヌッセン
15  △  10P   フェルナンド・アロンソ
16  ▼  5P    パスカル・ウェーレイン
17  ▼  4P    ダニエル・クビアト
18  △  1P    ストフェル・バンドーン
19  ▼  0P    ジョリオン・パーマー
20  ▼  0P    マーカス・エリクソン
21  -  0P    アントニオ・ジョビナッツィ
22  -  0P    ジェンソン・バトン
23  △  0P    ポール・ディレ・スタ

コンストラクターズポイントは、
フェラーリが43ポイント獲得し、メルセデスとの差を縮めました。
マクラーレンはザウバーを抜いて9位へと順位を上げました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  357P  メルセデス
2   -  318P  フェラーリ
3   -  184P  レッドブル・タグホイヤー
4   -  101P  フォースインディア・メルセデス
5  -  41P   ウィリアムズ・メルセデス
6   -  39P   トロロッソ・フェラーリ
7   -  29P   ハース・フェラーリ
8   -  26P   ルノー
9   △  11P   マクラーレン・ホンダ
10  ▼  5P    ザウバー・フェラーリ

次戦ベルギーGPは、8月25~27日に行われます。

« 2017年8月の日程 | トップページ | F1 2017 Rd.12 ベルギーGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017年8月の日程 | トップページ | F1 2017 Rd.12 ベルギーGP予選 »