2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2018 Rd.1 オーストラリアGP予選 | トップページ | 2018年4月の日程 »

F1 2018 Rd.1 オーストラリアGP決勝

F1第1戦オーストラリアGP決勝は、セーフティカーで結果が左右されるレースになりました。

レース前には小雨も降っていましたが、
決勝前までには雨は止んで、ドライでのレースになりました。

スタートはハミルトンがトップをキープし、
ライコネン、ベッテルがついて行く展開となりました。

18周目終了時、まずはライコネンがピットに向かうと
翌周にハミルトンがピットへ入りベッテルがトップに。

22周目終了時、ハースのマグヌッセンがピットに入りましたが、
タイヤがしっかり閉まらずにコースに復帰してしまいリタイアするはめに・・・
さらに24周目終了時にはチームメイトのグロジャンも同様のミスが起き、
4、5位を走行していた2台が揃ってリタイアとなってしまいました。

このリタイアした2台のマシン撤去のため、
バーチャルセーフティカーが導入(その後セーフティカー導入)すると、
ベッテルはすかさずピットに入り、
ハミルトンよりも前でコースへ復帰することに成功、
レース再開後はベッテルが少しずつ後続を引き離して
2年連続、開幕戦での優勝を決めました!!

2位はハミルトン、3位はライコネン、4位リカルド
5位はアロンソ、5位に入ったのは2016年のアメリカ以来でした。
(マクラーレン・ホンダでの3年間で3度の5位が最高)

6位以下はフェルスタッペン、ヒュルケンベルグ、
ボッタス、バンドーン、サインツまでが入賞圏内、
4~6位までをルノーPUが占めました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              58  1:29:33.283
2   44  L.ハミルトン            58  +     5.036
3   7   K.ライコネン            58  +     6.309
4   3   D.リカルド              58  +     7.069
5   14  F.アロンソ              58  +    27.886
6   33  M.フェルスタッペン      58  +    28.945
7   27  N.ヒュルケンベルグ      58  +    32.671
8   77  V.ボッタス              58  +    34.339
9   2   S.バンドーン            58  +    34.921
10  55  C.サインツ              58  +    45.722
11  11  S.ペレス                58  +    46.817
12  31  E.オコン                58  +  1:00.278
13  16  C.ルクレール            58  +  1:15.759
14  18  L.ストロール            58  +  1:17.288
15  28  B.ハートレイ            57  +     1 Lap
    8   R.グロジャン            24  +   34 Laps DNF
    20  K.マグヌッセン          22  +   36 Laps DNF
    10  P.ガスリー              13  +   45 Laps DNF
    9   M.エリクソン             5  +   53 Laps DNF
    35  S.シロトキン             4  +   54 Laps DNF

ドライバーズポイントは以下の通り。
1位と2位は昨年の開幕戦と同じ結果でした。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  25P   セバスチャン・ベッテル
2   -  18P   ルイス・ハミルトン
3   -  15P   キミ・ライコネン
4   -  12P   ダニエル・リカルド
5   -  10P   フェルナンド・アロンソ
6   -  8P    マックス・フェルスタッペン
7   -  6P    ニコ・ヒュルケンベルグ
8   -  4P    バルテリ・ボッタス
9   -  2P    ストフェル・バンドーン
10  -  1P    カルロス・サインツ
11  -  0P    セルジオ・ペレス
12  -  0P    エステバン・オコン
13  -  0P    シャルル・ルクレール
14  -  0P    ランス・ストロール
15  -  0P    ブレンドン・ハートレイ
16  -  0P    ロマン・グロジャン
17  -  0P    ケビン・マグヌッセン
18  -  0P    ピエール・ガスリー
19  -  0P    マーカス・エリクソン
20  -  0P    セルゲイ・シロトキン

コンストラクターズポイントはフェラーリがまずはリード、
5チームがポイントを獲得ということで
この5チームは揃って入賞できたのは見事とも思えますね^^
ルノーPU勢は6台全て入賞を果たしました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  40P   フェラーリ
2   -  22P   メルセデス
3   -  20P   レッドブル・タグホイヤー
4   -  12P   マクラーレン・ルノー
5   -  7P    ルノー
6   -  0P    フォースインディア・メルセデス
7   -  0P    ザウバー・フェラーリ
8  -  0P    ウィリアムズ・メルセデス
9   -  0P    トロロッソ・ホンダ
10  -  0P    ハース・フェラーリ

次戦バーレーンGPは、4月6~8日に行われます。

« F1 2018 Rd.1 オーストラリアGP予選 | トップページ | 2018年4月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2018 Rd.1 オーストラリアGP予選 | トップページ | 2018年4月の日程 »