2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2018 Rd.5 スペインGP決勝 | トップページ | F1 2018 Rd.6 モナコGP予選 »

オリジナルコース58

オリジナルコース、今回はオーバルです~

インディ500のレースウィークということもあるので、
今回はオーバルを描くことにしました^^

とはいっても、やはりロードコースありき、
正しくは、ロードコースを描いている最中に
オーバルとそのロードコースを描くことに変化しただけです^^;

Ocircuit_20180522

オーバルの方は1.5マイルで長細い形。
この手のコースはミルウォーキー・マイルや
ブリストル・レースウェイ(0.533mile)、
メキシコのプエブラ(1.25mile)のタイプで、
線だけ見ればプエブラが一番似ていると思いますが、
描いたのは全長もバンクも異なるので、コースの性格は大きく異なります。

ちなみに、バンク角は両方とも12度くらいのイメージ、
ミルウォーキー・マイルは約8度と思えば想像しやすいかもしれません。

オーバルとあってアメリカンな雰囲気が漂うレースウェイで、
観客席はホームスタンド側のほぼ全域と、
ターン1~2まで囲うようにあります。
(ロードコース15コーナーから7コーナーあたりには観客席無し)

今回ミシガン州サギノー北西で全長の計測をしたので、
そのあたりにあるレースウェイと思ってもらっても良いです☆
(画像下が東だったりします^^)


そしてロードコース。

前半はヘアピンの連続、S字、6コーナーからオーバルに向かいます。

画像では8のシケインを使用したレイアウトとしていますが、
9コーナーからインフィールドに侵入したり、
その中間にある区間でクランク型にすることも可能。

低速の10、11、直角の12コーナー、
13コーナーからオーバルをなぞるような左コーナーがあり、
ヘアピンの15、最終16コーナーのオーバル部分を回っていきます。

いちおうロードコースでは時計回りにしていますが、
反時計回りも少し変更するだけで可能になりそうです^^

コーナー数の書いたレイアウトの場合、計測するとおよそ4.1~4.2kmで、
想定よりも長い全長になってしまいました・・・

描いて距離を測ったり、記事を書いている最中に
1~2コーナー区間の直線がパドックを狭くしてしまっていると感じましたが、
1~6の数字が書かれた内側区間にもスペースを設けられそうなので、
そこまで問題ではないかも知れません。

あまりロードコースを邪魔にならないように、
もう少しシンプルにしても良かったとも思いますが、
そのかわり、攻め甲斐のあるレイアウトにはなったと思います☆

« F1 2018 Rd.5 スペインGP決勝 | トップページ | F1 2018 Rd.6 モナコGP予選 »

サーキット・オリジナル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2018 Rd.5 スペインGP決勝 | トップページ | F1 2018 Rd.6 モナコGP予選 »