2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2018年5月の日程 | トップページ | オリジナルコース57 »

F1 2018 Rd.4 アゼルバイジャンGP決勝

F1第4戦アゼルバイジャンGP決勝は、今年も荒れた展開になりました。

決勝はベッテルリードでスタート、
3コーナーではライコネンとオコンが接触しておこんがリタイア、
その直前ではシロトキンや左右のマシンに挟まれてリタイアし、
1周目からセーフティカーの入る荒れた始まりになりました。

4周目終了時にリスタートすると、
ベッテルが2位ハミルトンを少しずつ引き離していきます。

22周目終了時ににハミルトンがピットに向かうと
30周目終了時にベッテルがピットイン、
ボッタスがトップに立ちましたがピットに入っていないので、
当然ながら順位が下がるはずでした。

しかし40周目にレッドブルが同士討ちしていしまい、
セーフティカー導入、このタイミングで全車ピットに入り、
ボッタスが1位で復帰できました。

46周目終了に再スタート、
1コーナーでベッテルが攻めましたが、止まれきれずに後退、
さらに翌周にはボッタスがパンクしてしまい、
リタイアとなってしまいました。

これでトップに立ったのはハミルトン、
ライコネンを振り切って、ハミルトンが今シーズン初勝利を飾りました!

2位は13位まで順位を落としたライコネン、
3位にはフォースインディアのペレスが荒れたレースで見事な表彰台を獲得、
4位はベッテル、5位にルノーのサインツ、
6位はなんとザウバーのルーキー、ルクレールが初入賞しました。

以下アロンソ、ストロール、バンドーン、ハートレイまでが入賞、
なおマグヌッセンはガスリーに危険な幅寄せなどで、
10秒ペナルティを受けています。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            51  1:43:44.291
2   7   K.ライコネン            51  +     2.460
3   11  S.ペレス                51  +     4.024
4   5   S.ベッテル              51  +     5.329
5   55  C.サインツ              51  +     7.515
6   16  C.ルクレール            51  +     9.158
7   14  F.アロンソ              51  +    10.931
8   18  L.ストロール            51  +    12.546
9   2   S.バンドーン            51  +    14.152
10  28  B.ハートレイ            51  +    18.030
11  9   M.エリクソン            51  +    18.512
12  10  P.ガスリー              51  +    24.720
13  20  K.マグヌッセン          51  +    40.663 +10sec
14  77  V.ボッタス              48  +    3 Laps DNF
    8   R.グロジャン            42  +    9 Laps DNF
    33  M.フェルスタッペン      39  +   12 Laps DNF
    3   D.リカルド              39  +   12 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ      10  +   41 Laps DNF
    31  E.オコン                 0  +   51 Laps DNF
    35  S.シロトキン             0  +   51 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンが今シーズン初めて首位に立ちました。
3位にライコネンが上がってきています。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  70P   ルイス・ハミルトン
2   ▼  66P   セバスチャン・ベッテル
3   △  48P   キミ・ライコネン
4   ▼  40P   バルテリ・ボッタス
5   ▼  37P   ダニエル・リカルド
6   -  28P   フェルナンド・アロンソ
7   -  22P   ニコ・ヒュルケンベルグ
8   -  18P   マックス・フェルスタッペン
9   △  15P   セルジオ・ペレス
10  △  13P   カルロス・サインツ
11  ▼  12P   ピエール・ガスリー
12  ▼  11P   ケビン・マグヌッセン
13  △  8P    シャルル・ルクレール
14  ▼  8P    ストフェル・バンドーン
15  △  4P    ランス・ストロール
16  ▼  2P    マーカス・エリクソン
17  ▼  1P    エステバン・オコン
18  △  1P    ブレンドン・ハートレイ
19  ▼  0P    ロマン・グロジャン
20  ▼  0P    セルゲイ・シロトキン

コンストラクターズポイントは、フェラーリが再び1位に、
今回のレースで全てのチームがポイント獲得しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   △  114P  フェラーリ
2   ▼  110P  メルセデス
3   -  55P   レッドブル・タグホイヤー
4   -  36P   マクラーレン・ルノー
5   -  35P   ルノー
6   △  16P   フォースインディア・メルセデス
7   ▼  13P   トロロッソ・ホンダ
8   ▼  11P   ハース・フェラーリ
9   ▼  10P   ザウバー・フェラーリ
10  -  4P    ウィリアムズ・メルセデス

次戦スペインGPは、5月11~13日に行われます。

« 2018年5月の日程 | トップページ | オリジナルコース57 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年5月の日程 | トップページ | オリジナルコース57 »