2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2018 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2018 Rd.8 フランスGP予選 »

F1 2018 Rd.7 カナダGP決勝

F1第7戦カナダGP決勝は、珍しいことが起こりました^^;

カナダグランプリの決勝は、
1周目に5コーナーでストロールが滑ってウォールにヒット、
ハートレイが巻き込まれてクラッシュし、セーフティカーが導入する
荒れたスタートとなりました。

しかしリスタート後は全くといっていいほど何もなく、
終始リードし続けたベッテルが後続を引き離してチェッカーを受けました!

2位はボッタス、3位フェルスタッペン、
4位リカルド、5位ハミルトン、6位ライコネンまでが同一周回、
以下ヒュルケンベルグ、サインツ、オコン、ルクレールまでが入賞、
アロンソはトラブルでリタイアでレースを終えました。

今回のレース、チェッカーは本来の70周ではなく、69周目終了時に振られたため、
リザルトはチェッカーが振られる1周前、68周目終了時が結果となる、
珍しい出来事となりました。

なお、各車はその後も走り続ました。
(70周目終了時にもチェッカーは振られた)

このチェッカーフラッグのミスで影響を受けたのは、
リカルドが69周目(73.839)と70周目(73.835)のファステスト更新が無効に、
そしてペレスが69周目にマグヌッセンをオーバーテイクしてましたが、
それが無くなりマグヌッセンが13位でペレス14位という結果になりました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              68  1:28:31.377
2   77  V.ボッタス              68  +     7.376
3   33  M.フェルスタッペン      68  +     8.360
4   3   D.リカルド              68  +    20.892
5   44  L.ハミルトン            68  +    21.559
6   7   K.ライコネン            68  +    27.184
7   27  N.ヒュルケンベルグ      67  +     1 Lap
8   55  C.サインツ              67  +     1 Lap
9   31  E.オコン                67  +     1 Lap
10  16  C.ルクレール            67  +     1 Lap
11  10  P.ガスリー              67  +     1 Lap
12  8   R.グロジャン            67  +     1 Lap
13  20  K.マグヌッセン          67  +     1 Lap
14  11  S.ペレス                67  +     1 Lap
15  9   M.エリクソン            66  +    2 Laps
16  2   S.バンドーン            66  +    2 Laps
17  35  S.シロトキン            66  +    2 Laps
    14  F.アロンソ              40  +   28 Laps DNF
    28  B.ハートレイ             0  +   68 Laps DNF
    18  L.ストロール             0  +   68 Laps DNF

ドライバーズポイントは、
ベッテルがハミルトンを1ポイント上回って再逆転しました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  121P  セバスチャン・ベッテル
2   ▼  120P  ルイス・ハミルトン
3   △  86P   バルテリ・ボッタス
4   ▼  84P   ダニエル・リカルド
5   -  68P   キミ・ライコネン
6   -  50P   マックス・フェルスタッペン
7   -  32P   フェルナンド・アロンソ
8   -  32P   ニコ・ヒュルケンベルグ
9   -  24P   カルロス・サインツ
10  -  19P   ケビン・マグヌッセン
11  -  18P   ピエール・ガスリー
12  -  17P   セルジオ・ペレス
13  -  11P   エステバン・オコン
14  -  10P   シャルル・ルクレール
15  -  8P    ストフェル・バンドーン
16  -  4P    ランス・ストロール
17  -  2P    マーカス・エリクソン
18  -  1P    ブレンドン・ハートレイ
19  -  0P    ロマン・グロジャン
20  -  0P    セルゲイ・シロトキン

コンストラクターズポイントは順位変わらず。
今回もフェラーリがメルセデスとの差を縮めました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  206P  メルセデス
2   -  189P  フェラーリ
3   -  134P  レッドブル・タグホイヤー
4   -  56P   ルノー
5   -  40P   マクラーレン・ルノー
6   -  28P   フォースインディア・メルセデス
7   -  19P   トロロッソ・ホンダ
8   -  19P   ハース・フェラーリ
9   -  12P   ザウバー・フェラーリ
10  -  4P    ウィリアムズ・メルセデス

次戦フランスGPは、6月22~24日に行われます。

« F1 2018 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2018 Rd.8 フランスGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2018 Rd.7 カナダGP予選 | トップページ | F1 2018 Rd.8 フランスGP予選 »