2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2018年7月の日程 | トップページ | F1 2018 Rd.10 イギリスGP予選 »

F1 2018 Rd.9 オーストリアGP決勝

F1第9戦オーストリアGPは、トラブルが相次ぐレースとなりました。

オーストリア・グランプリ決勝は、ライコネンが好スタートを切りましたが、
メルセデスに挟まれたことで減速してしまい、3コーナーを過ぎた時点での順位は、
ハミルトン、ボッタス、フェルスタッペン、ライコネンの順に変わりました。

1-2体制を築いたメルセデスでしたが、14周目にボッタスがトラブルでリタイアに、
このボッタスのリタイアでヴァーチャルセーフティカーが入り、
多くのドライバーがピットに向かいましたが、ハミルトンはステイアウトを選択、
これによって25周目終了時のピットインで4位に後退してしまいます。

54周目にはライコネンを抜いて2位に付けていたリカルドがトラブルでリタイア、
63周目にはハミルトンがリタイアという、
トップ3チームから3人がリタイアが出るトラブルが多く発生したレースは、
フェルスタッペンが終盤追い上げを見せたライコネンの猛追を逃れて
今シーズン初優勝を飾りました!

2位は一時7秒以上差が開いた差を終盤に追い上げを見せたライコネン、
3位は予選でサインツを妨害したとして3グリッド降格を受けていたベッテルが入り、
フェラーリは2-3フィニッシュとなりました。

4-5位はグロジャンとマグヌッセンのハースが好結果、
6-7位はオコン、ペレスのフォースインディア勢、
8位にアロンソ、9位はルクレールが3戦連続入賞、
10位にエリクソンが入り、ザウバーがダブル入賞を果たしました。

なお、ストロールはブルーフラッグ無視で、
10秒ペナルティにより1つ順位を落としています。

<決勝>
1   33  M.フェルスタッペン      71  1:21:56.024
2   7   K.ライコネン            71  +     1.504
3   5   S.ベッテル              71  +     3.181
4   8   R.グロジャン            70  +     1 Lap
5   20  K.マグヌッセン          70  +     1 Lap
6   31  E.オコン                70  +     1 Lap
7   11  S.ペレス                70  +     1 Lap
8   14  F.アロンソ              70  +     1 Lap
9   16  C.ルクレール            70  +     1 Lap
10  9   M.エリクソン            70  +     1 Lap
11  10  P.ガスリー              70  +     1 Lap
12  55  C.サインツ              70  +     1 Lap
13  35  S.シロトキン            69  +    2 Laps
14  18  L.ストロール            69  +    2 Laps 10sec
15  2   S.バンドーン            65  +    6 Laps DNF
    44  L.ハミルトン            62  +    9 Laps DNF
    28  B.ハートレイ            54  +   17 Laps DNF
    3   D.リカルド              53  +   18 Laps DNF
    77  V.ボッタス              13  +   58 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ      11  +   60 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ベッテルが再びトップに立ちました。
3位にはライコネンが上がってきています。
グロジャンは今シーズン初ポイントとなりました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   △  146P  セバスチャン・ベッテル
2   ▼  145P  ルイス・ハミルトン
3   △  101P  キミ・ライコネン
4   ▼  96P   ダニエル・リカルド
5   △  93P   マックス・フェルスタッペン
6   ▼  92P   バルテリ・ボッタス
7   △  37P   ケビン・マグヌッセン
8   -  36P   フェルナンド・アロンソ
9   ▼  34P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  ▼  28P   カルロス・サインツ
11  △  23P   セルジオ・ペレス
12  △  19P   エステバン・オコン
13  ▼  18P   ピエール・ガスリー
14  -  13P   シャルル・ルクレール
15  △  12P   ロマン・グロジャン
16  ▼  8P    ストフェル・バンドーン
17  ▼  4P    ランス・ストロール
18  ▼  3P    マーカス・エリクソン
19  ▼  1P    ブレンドン・ハートレイ
20  -  0P    セルゲイ・シロトキン

コンストラクターズポイントはフェラーリが逆転、
ハースが大量22ポイントを獲得して5位に浮上しました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   △  247P  フェラーリ
2   ▼  237P  メルセデス
3   -  189P  レッドブル・タグホイヤー
4   -  62P   ルノー
5   △  49P   ハース・フェラーリ
6   ▼  44P   マクラーレン・ルノー
7   ▼  42P   フォースインディア・メルセデス
8   ▼  19P   トロロッソ・ホンダ
9   -  16P   ザウバー・フェラーリ
10  -  4P    ウィリアムズ・メルセデス

次戦イギリスGPは今週、7月6~8日に行われます。

« 2018年7月の日程 | トップページ | F1 2018 Rd.10 イギリスGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2018年7月の日程 | トップページ | F1 2018 Rd.10 イギリスGP予選 »