2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2018 Rd.13 ベルギーGP予選 | トップページ | 2018年9月の日程 »

F1 2018 Rd.13 ベルギーGP決勝

F1第13戦ベルギーGPは、スタート直後にアクシデントがありました。

夏休み明け最初のレース、
スパ=フランコルシャンでのベルギーグランプリです。

夏休みの間にフォースインディアは、
ストロールの父親のカナダの会社"コンソーシアム"が買収し、
"レーシング・ポイント・フォース・インディア・F1チーム"
として参戦することになりました。
(いずれストロールは移籍しそうですね^^;)

決勝は、スタート直後のラ・ソースでクラッシュが発生しました。

ヒュルケンベルグがアロンソに追突し、
ルクレール、リカルド、ライコネンまでを巻き込むクラッシュに。

3台がその場でリタイア、ライコネンとリカルドも
最後まで走りきることは出来ませんでした。

1コーナーのクラッシュによってセーフティカーが入りましたが、
その後はアクシデントは何も起きずにレースは進みました。

1周目のレ・コンブでハミルトンをオーバーテイクしていたベッテルは、
リスタート後も順調にトップを快走し、
後続を引き離して今シーズン5度目となるトップチェッカーを受けました!

2位はハミルトン、3位にフェルスタッペン、
4位ボッタスはスタート直後にシロトキンに接触したことにより、
レース後に5秒のペナルティが加算されましたが、
順位に影響はありませんでした。

5位にペレス、6位オコンと新生フォースインディア勢がダブル入賞、
以下グロジャン、マグヌッセン、ガスリー、
エリクソンというトップ10になりました。

<決勝>
1   5   S.ベッテル              44  1:23:34.476
2   44  L.ハミルトン            44  +    11.061
3   33  M.フェルスタッペン      44  +    31.372
4   77  V.ボッタス              44  +  1:08.605 5sec
5   11  S.ペレス                44  +  1:11.023
6   31  E.オコン                44  +  1:19.520
7   8   R.グロジャン            44  +  1:25.953
8   20  K.マグヌッセン          44  +  1:27.639
9   10  P.ガスリー              44  +  1:45.892
10  9   M.エリクソン            43  +     1 Lap
11  55  C.サインツ              43  +     1 Lap
12  35  S.シロトキン            43  +     1 Lap
13  18  L.ストロール            43  +     1 Lap
14  28  B.ハートレイ            43  +     1 Lap
15  2   S.バンドーン            43  +     1 Lap
    3   D.リカルド              28  +   16 Laps DNF
    7   K.ライコネン             8  +   36 Laps DNF
    16  C.ルクレール             0  +   44 Laps DNF
    14  F.アロンソ               0  +   44 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ       0  +   44 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンとベッテルの差が17ポイントに縮まりました。
ライコネンはノーポイントに終わり、
トップ2との差が大きく開いてしまいました。

そして今回のレース結果で、
12位以下は、チャンピオンの可能性が完全に消えました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  231P  ルイス・ハミルトン
2   -  214P  セバスチャン・ベッテル
3   -  146P  キミ・ライコネン
4   -  144P  バルテリ・ボッタス
5   △  120P  マックス・フェルスタッペン
6   ▼  118P  ダニエル・リカルド
7   -  52P   ニコ・ヒュルケンベルグ
8   -  49P   ケビン・マグヌッセン
9   -  44P   フェルナンド・アロンソ
10  -  40P   セルジオ・ペレス
11  △  37P   エステバン・オコン
--------31P--------------------------------------
12  ▼  30P   カルロス・サインツ
13  -  28P   ピエール・ガスリー
14  -  27P   ロマン・グロジャン
15  -  13P   シャルル・ルクレール
16  -  8P    ストフェル・バンドーン
17  -  6P    マーカス・エリクソン
18  -  4P    ランス・ストロール
19  -  2P    ブレンドン・ハートレイ
20  -  0P    セルゲイ・シロトキン

コンストラクターズポイントはメルセデスがトップをキープ、
フォースインディアは新チームとなった為、
これまで獲得した59ポイントは失われます。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  375P  メルセデス
2   -  360P  フェラーリ
3   -  238P  レッドブル・タグホイヤー
4   -  82P   ルノー
5   -  76P   ハース・フェラーリ
6   △  52P   マクラーレン・ルノー
--------31P--------------------------------------
7   △  30P   トロロッソ・ホンダ
8   △  19P   ザウバー・フェラーリ
9   △  18P   (レーシング・ポイント)フォースインディア・メルセデス
10  -  4P    ウィリアムズ・メルセデス
EX  -  0P    (サハラ)フォースインディア・メルセデス

次戦イタリアGPは、今週8月31~9月2日に行われます。

« F1 2018 Rd.13 ベルギーGP予選 | トップページ | 2018年9月の日程 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2018 Rd.13 ベルギーGP予選 | トップページ | 2018年9月の日程 »