2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2018 Rd.17 日本GP予選 | トップページ | オリジナルコース60 »

F1 2018 Rd.17 日本GP決勝

F1第17戦日本GPは、メルセデスとフェラーリで明暗を分けました。

30回目のメモリアルレースとなった日本グランプリ決勝、
1周目にシケインではフェルスタッペンとライコネンが、
ホームストレートではマグヌッセンとルクレールが接触し、
デブリ回収のためのセーフティカーが入りました。
(フェルスタッペンは5秒のペナルティに)

6周目終了時にグリーンが振られると、
4位まで浮上していたベッテルが、
スプーンコーナーでフェルスタッペンを抜きにかかりましたが、
接触してベッテルがスピンし最後尾まで落ちてしまい、
これで優勝争いも、チャンピオン争いも厳しくなりました。

一方メルセデスはハミルトンが順調にトップを快走、
ボッタスが2位、迫るフェルスタッペンを抑えて走行し、
ハミルトンが今シーズン9勝目を決めました!

2位はボッタスでメルセデスの1-2は4回目、
3位はフェルスタッペン、4位リカルドで、
レッドブルがフェラーリの前でフィニッシュ、
5位にライコネン、6位ベッテルとフェラーリ勢は5-6位。

以下ペレス、グロジャン、オコン、サインツまでが入賞を果たしました。

<決勝>
1   44  L.ハミルトン            53  1:27:17.062
2   77  V.ボッタス              53  +    12.919
3   33  M.フェルスタッペン      53  +    14.295
4   3   D.リカルド              53  +    19.495
5   7   K.ライコネン            53  +    50.998
6   5   S.ベッテル              53  +  1:09.873
7   11  S.ペレス                53  +  1:19.379
8   8   R.グロジャン            53  +  1:27.198
9   31  E.オコン                53  +  1:28.055
10  55  C.サインツ              52  +     1 Lap
11  10  P.ガスリー              52  +     1 Lap
12  9   M.エリクソン            52  +     1 Lap
13  28  B.ハートレイ            52  +     1 Lap
14  14  F.アロンソ              52  +     1 Lap
15  2   S.バンドーン            52  +     1 Lap
16  35  S.シロトキン            52  +     1 Lap
17  18  L.ストロール            52  +     1 Lap
    16  C.ルクレール            38  +   15 Laps DNF
    27  N.ヒュルケンベルグ      37  +   16 Laps DNF
    20  K.マグヌッセン           8  +   45 Laps DNF

ドライバーズポイントは、ハミルトンの4連勝で、
ボッタスとライコネンもチャンピオン争いから完全に脱落しました。

ハミルトンとベッテルの差がさらに開き、
次戦の結果次第ではハミルトンのチャンピオンの可能性が出てきました。

<ドライバーズ・ポイント>
1   -  331P  ルイス・ハミルトン
2   -  264P  セバスチャン・ベッテル
--------231P--------------------------------------
3   -  207P  バルテリ・ボッタス
4   -  196P  キミ・ライコネン
5   -  173P  マックス・フェルスタッペン
6   -  146P  ダニエル・リカルド
7   △  53P   セルジオ・ペレス
8   ▼  53P   ケビン・マグヌッセン
9   ▼  53P   ニコ・ヒュルケンベルグ
10  ▼  50P   フェルナンド・アロンソ
11  -  49P   エステバン・オコン
12  -  39P   カルロス・サインツ
13  △  31P   ロマン・グロジャン
14  ▼  28P   ピエール・ガスリー
15  -  21P   シャルル・ルクレール
16  -  8P    ストフェル・バンドーン
17  -  6P    ランス・ストロール
18  -  6P    マーカス・エリクソン
19  -  2P    ブレンドン・ハートレイ
20  -  1P    セルゲイ・シロトキン

コンストラクターズポイントは、順位変わりませんでした。
こちらもチャンピオン争いは2チームに絞られましたが、
フェラーリの逆転はさらに難しくなりました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1   -  538P  メルセデス
2   -  460P  フェラーリ
--------366P--------------------------------------
3   -  319P  レッドブル・タグホイヤー
4   -  92P   ルノー
5   -  84P   ハース・フェラーリ
6   -  58P   マクラーレン・ルノー
7   -  43P   (レーシング・ポイント)フォースインディア・メルセデス
8   -  30P   トロロッソ・ホンダ
9   -  27P   ザウバー・フェラーリ
10  -  7P    ウィリアムズ・メルセデス
EX  -  0P    (サハラ)フォースインディア・メルセデス

次戦アメリカGPは、10月19~21日に行われます。

« F1 2018 Rd.17 日本GP予選 | トップページ | オリジナルコース60 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2018 Rd.17 日本GP予選 | トップページ | オリジナルコース60 »