2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2019 Rd.3 中国GP予選 | トップページ | F1 2019 Rd.4 アゼルバイジャンGP予選 »

F1 2019 Rd.3 中国GP決勝

F1第3戦中国GP決勝は、チーム戦略で明暗を分けました。

第3戦、中国グランプリは、
なんとF1がはじまって1000グランプリ目だそうです!

999レースまでで、
65141周、30万キロ以上を1784時間かけて走ったそうです^^

そんな記念すべき1000レース目の決勝は、
ハミルトンがリードし、ボッタス、ルクレール、ベッテルの順でスタートしました。

3位のルクレールがメルセデスから徐々に引き離されていくと、
フェラーリは11周目にベッテルをルクレールの前へと出しましたが、
ベッテルもメルセデスとの距離を縮めることが出来ません。

17周目終了時にフェルスタッペンがピットイン、
翌周ベッテルがピットに向かい、フェルスタッペンの前で戻りましたが、
ルクレールは22周目まで引っ張ったことで
フェルスタッペンの11秒後ろまで後退してしまいました。

ルクレールはそれでもフェルスタッペンとの差を縮めていき、
33周目終了時には3秒差まで縮めましたが、
34周目にフェルスタッペンが2度目のピットを済ませると、
ルクレールはベッテルのためにボッタスを抑えるよう、
ピットを遅らせた為にさらにフェルスタッペンとの差が開いてしまいました。

一方トップはハミルトンの独走状態で進み、
ハミルトンが前戦に続いての2勝目をあげました!

2位はボッタスでメルセデスが3戦連続1-2フィニッシュ達成、
3位はベッテル、結局ボッタスに追いつくことが出来ず3位、
4位はフェルスタッペン、5位にルクレール、
ルクレールはフェラーリの戦略によって3位から5位に転落したと思います。

6位にガスリー、終盤にピットに入ってファステストラップに挑戦し成功、
ちなみに、ルクレールもそのチャンスはあったと思いますが、
最後までアタックはしませんでした。。。

7位はリカルド、8位ペレス、9位ライコネン、
10位アルボンまでが入賞を果たしました。

個人的にはルクレールを応援していることもあって、
フェラーリの戦略に不満の残るレースでした。
(去年のライコネンを思い出しました。。。)

<決勝>
1 44 L.ハミルトン 56 1:32:06.350
2 77 V.ボッタス 56 + 6.552
3 5 S.ベッテル 56 + 13.744
4 33 M.フェルスタッペン 56 + 27.627
5 16 C.ルクレール 56 + 31.276
6 10 P.ガスリー 56 + 1:29.307
7 3 D.リカルド 55 + 1 Lap
8 11 S.ペレス 55 + 1 Lap
9 7 K.ライコネン 55 + 1 Lap
10 23 A.アルボン 55 + 1 Lap
11 8 R.グロジャン 55 + 1 Lap
12 18 L.ストロール 55 + 1 Lap
13 20 K.マグヌッセン 55 + 1 Lap
14 55 C.サインツ 55 + 1 Lap
15 99 A.ジョヴィナッツィ 55 + 1 Lap
16 63 G.ラッセル 54 + 2 Laps
17 88 R.クビサ 54 + 2 Laps
18 4 L.ノリス 50 + 6 Laps DNF
26 D.クビアト 41 + 15 Laps DNF
27 N.ヒュルケンベルグ 16 + 40 Laps DNF
Fastest Lap
10 P.ガスリー 55 1:34.742

ドライバーズポイントはハミルトンが今季初の首位に立ちました。

<ドライバーズ・ポイント>
1 △ 68P ルイス・ハミルトン
2 ▼ 62P バルテリ・ボッタス
3 - 39P マックス・フェルスタッペン
4 △ 37P セバスチャン・ベッテル
5 ▼ 36P シャルル・ルクレール
6 △ 13P ピエール・ガスリー
7 ▼ 12P キミ・ライコネン
8 ▼ 8P ランド・ノリス
9 ▼ 8P ケビン・マグヌッセン
10 ▼ 6P ニコ・ヒュルケンベルグ
11 △ 6P ダニエル・リカルド
12 △ 5P セルジオ・ペレス
13 ▼ 3P アレクサンダー・アルボン
14 ▼ 2P ランス・ストロール
15 ▼ 1P ダニエル・クビアト
16 ▼ 0P アントニオ・ジョヴィナッツィ
17 △ 0P ロマン・グロジャン
18 △ 0P カルロス・サインツ
19 ▼ 0P ジョージ・ラッセル
20 ▼ 0P ロバート・クビサ

コンストラクターズポイントは、
メルセデスが3戦連続1-2で2位以下を突き放しています。

<コンストラクターズ・ポイント>
1 - 130P メルセデス
2 - 73P フェラーリ
3 - 52P レッドブル・ホンダ
4 △ 12P ルノー
5 ▼ 12P アルファロメオ・フェラーリ
6 - 8P ハース・フェラーリ
7 ▼ 8P マクラーレン・ルノー
8 △ 7P レーシングポイント・メルセデス
9 ▼ 4P トロロッソ・ホンダ
10 - 0P ウィリアムズ・メルセデス

次戦アゼルバイジャンGPは、4月26~28日に行われます。

« F1 2019 Rd.3 中国GP予選 | トップページ | F1 2019 Rd.4 アゼルバイジャンGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2019 Rd.3 中国GP予選 | トップページ | F1 2019 Rd.4 アゼルバイジャンGP予選 »