2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« 2019年4月の日程 | トップページ | F1 2019 Rd.3 中国GP予選 »

F1 2019 Rd.2 バーレーンGP決勝

F1第2戦バーレーンGP決勝は、後半に波乱がありました。

バーレーングランプリの決勝は、ベッテルがリードしてスタート、
ボッタスが2位に上がり、ルクレールが3位へ後退、
ボッタスはハミルトンにも抜かれて4位へと下がりました。

3周目、1コーナーでボッタスのミスを付いたルクレールが2位に上がり、
6周目にはベッテルを抜いて首位に立つと、
ルクレールは順調にリードを拡げていきました。

ベッテルは最初のピットでハミルトンに先行されてしまいましたが、
23周目にオーバーテイク成功、再びフェラーリの1-2体制になりました。

しかし38周目にハミルトンに4コーナーでオーバーテイクされると、
コーナー出口でベッテルがスピン、
タイヤをパンクさせ、さらにフロントウィングも破損してしまい、
この周に緊急ピットイン、9位まで順位を落としてしまいました。

一方のルクレールは2位に上がったハミルトンに10秒以上の差を広げましたが、
トラブルが発生して46周目に急激にタイムが悪化、
あっという間に追いつかれてハミルトンに抜かれてしまい、
さらに40秒差があったボッタスにも抜かれてしまいました。

ルクレールはもっと順位が下がってしまうところでしたが、
54周目にルノーが2台揃ってトラブルでリタイアになると、
マシン撤去のためにセーフティカーが導入、
ルクレールはさらなる後退をせずにフィニッシュしました。

優勝はハミルトン、2位にボッタスが入り、
メルセデスが開幕戦に続いて1-2フィニッシュ達成!

3位にルクレール、最後はセーフティカーに救われました。

4位はフェルスタッペン、5位にベッテル、
6位はマクラーレンのノリスが初入賞。
以下、ライコネン、ガスリー、アルボン、
ペレスまでが入賞を果たしました。

<決勝>
1 44 L.ハミルトン 57 1:34:21.295
2 77 V.ボッタス 57 + 2.980
3 16 C.ルクレール 57 + 6.131
4 33 M.フェルスタッペン 57 + 6.408
5 5 S.ベッテル 57 + 36.068
6 4 L.ノリス 57 + 45.754
7 7 K.ライコネン 57 + 47.470
8 10 P.ガスリー 57 + 58.094
9 23 A.アルボン 57 + 1:02.697
10 11 S.ペレス 57 + 1:03.696
11 99 A.ジョヴィナッツィ 57 + 1:04.599
12 26 D.クビアト 56 + 1 Lap
13 20 K.マグヌッセン 56 + 1 Lap
14 18 L.ストロール 56 + 1 Lap
15 63 G.ラッセル 56 + 1 Lap
16 88 R.クビサ 55 + 2 Laps
17 27 N.ヒュルケンベルグ 53 + 4 Laps DNF
18 3 D.リカルド 53 + 4 Laps DNF
19 55 C.サインツ 53 + 4 Laps DNF
8 R.グロジャン 16 + 41 Laps DNF
Fastest Lap
16 C.ルクレール 38 1:33.411

ドライバーズポイントはボッタスがトップをキープ、
ハミルトンが1ポイント差で追い、
フェルスタッペン、ルクレール、ベッテルがその後ろに付けています。

<ドライバーズ・ポイント>
1 - 44P バルテリ・ボッタス
2 - 43P ルイス・ハミルトン
3 - 27P マックス・フェルスタッペン
4 △ 26P シャルル・ルクレール
5 ▼ 22P セバスチャン・ベッテル
6 △ 10P キミ・ライコネン
7 △ 8P ランド・ノリス
8 ▼ 8P ケビン・マグヌッセン
9 ▼ 6P ニコ・ヒュルケンベルグ
10 △ 4P ピエール・ガスリー
11 △ 2P アレクサンダー・アルボン
12 ▼ 2P ランス・ストロール
13 ▼ 1P ダニエル・クビアト
14 ▼ 1P セルジオ・ペレス
15 - 0P アントニオ・ジョヴィナッツィ
16 - 0P ジョージ・ラッセル
17 - 0P ロバート・クビサ
18 △ 0P ダニエル・リカルド
19 ▼ 0P ロマン・グロジャン
20 - 0P カルロス・サインツ

コンストラクターズポイントは、
メルセデスが2戦連続1-2で大量ポイント獲得、
アルファロメオとマクラーレンが順位を上げました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1 - 87P メルセデス
2 - 48P フェラーリ
3 - 31P レッドブル・ホンダ
4 △ 10P アルファロメオ・フェラーリ
5 △ 8P マクラーレン・ルノー
6 ▼ 8P ハース・フェラーリ
7 ▼ 6P ルノー
8 - 3P トロロッソ・ホンダ
9 ▼ 3P レーシングポイント・メルセデス
10 - 0P ウィリアムズ・メルセデス

次戦中国GPは、4月12~14日に行われます。

« 2019年4月の日程 | トップページ | F1 2019 Rd.3 中国GP予選 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019年4月の日程 | トップページ | F1 2019 Rd.3 中国GP予選 »