2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2020 Rd.9 トスカーナGP予選 | トップページ | F1 2020 Rd.10 ロシアGP予選 »

F1 2020 Rd.9 トスカーナGP決勝

F1第9戦トスカーナGP決勝は、大荒れになりました。

初開催となったムジェロでのトスカーナグランプリ、
決勝は1周目の2コーナーで多重クラッシュが発生しました。

これでガスリーとフェルスタッペンがリタイア、
早くもセーフティカーが入る荒れたスタートになりました。

6周目終了時にレースがリスタート、
しかしリスタート時に加速するマシン、加速しないマシンがいたために
急減速したマグヌッセンの後ろにいたラティフィは避けましたが、
さらに後ろにいたジョヴィナッツィが避けきれずに両者にクラッシュ。

その後ろから来たサインツも巻き込まれる多重クラッシュとなり
モンツァに続いて今回もレッドフラッグが振られる展開になりました。

レッドフラッグ時にオコンもリタイアになったことで、
再びグリッドについた13台が"2レース目"を走ることに。

9周目終了時、10周目から再スタートすると
今度はアクシデントなく始まりました。

ハミルトンが順調にトップ独走し、ボッタス、リカルド、ストロールの順で進んでましたが、
43周目、ストロールが9コーナー直前の縁石に乗ったときに滑ってしまいコースオフ、
激しくクラッシュし、セーフティカーが導入、
45周目にはレッドフラッグがまたも振られる大荒れのレースになりました。

46周目終了時、47周目から3度目のスタンディングスタート、
3度目のスタートもハミルトンはトップを守りきると
再び後続との差を引き離しにかかります。

残りの12周でクラッシュは起きることなく、
ハミルトンは終始安定した走りを見せてポール・トゥ・ウィン!
今シーズン6勝目をあげました。

2位はボッタス、メルセデスの1-2フィニッシュは今シーズン3回目。

3位はアルボンが初の表彰台獲得、4位にリカルド、5位ペレス、
以下ノリス、クビアト、ルクレール、ライコネン、ベッテルまでが入賞。

フェラーリは特別なカラーリングで挑みましたが、
なんとかポイントを獲得することが精一杯でした。

なおライコネンは8位でフィニッシュしましたが、
ピットエントリーを横切ったために
5秒のペナルティが加算され、1つ順位を落としています。

<決勝>
1 44 L.ハミルトン 59 2:19:35.060
2 77 V.ボッタス 59 + 4.880
3 23 A.アルボン 59 + 8.064
4 3 D.リカルド 59 + 10.417
5 11 S.ペレス 59 + 15.650
6 4 L.ノリス 59 + 18.883
7 26 D.クビアト 59 + 21.756
8 16 C.ルクレール 59 + 28.345
9 7 K.ライコネン 59 + 29.770 +5sec
10 5 S.ベッテル 59 + 29.983
11 63 G.ラッセル 59 + 32.404
12 8 R.グロジャン 59 + 42.036
18 L.ストロール 42 + 17 Laps DNF
31 E.オコン 7 + 52 Laps DNF
6 N.ラティフィ 6 + 53 Laps DNF
20 K.マグヌッセン 5 + 54 Laps DNF
99 A.ジョヴィナッツィ 5 + 54 Laps DNF
55 C.サインツ 5 + 54 Laps DNF
33 M.フェルスタッペン 0 + 59 Laps DNF
10 P.ガスリー 0 + 59 Laps DNF
Fastest Lap
44 L.ハミルトン 58 1:18.833

ドライバーズポイントは、ノリスが4位まで上がってきました。
ライコネンは今シーズン初めてポイント獲得しました。

<ドライバーズ・ポイント>
1 - 190P ルイス・ハミルトン
2 - 135P バルテリ・ボッタス
3 - 110P マックス・フェルスタッペン
4 △ 65P ランド・ノリス
5 △ 63P アレクサンダー・アルボン
6 ▼ 57P ランス・ストロール
7 △ 53P ダニエル・リカルド
8 ▼ 49P シャルル・ルクレール
9 △ 44P セルジオ・ペレス
10 ▼ 43P ピエール・ガスリー
11 ▼ 41P カルロス・サインツ
12 - 30P エステバン・オコン
13 - 17P セバスチャン・ベッテル
14 △ 10P ダニエル・クビアト
15 ▼ 6P ニコ・ヒュルケンベルグ
16 △ 2P キミ・ライコネン
17 ▼ 2P アントニオ・ジョヴィナッツィ
18 ▼ 1P ケビン・マグヌッセン
19 ▼ 0P ニコラス・ラティフィ
20 - 0P ジョージ・ラッセル
21 - 0P ロマン・グロジャン

コンストラクターズポイントは順位変わりませんでした。

<コンストラクターズ・ポイント>
1 - 325P メルセデス
2 - 173P レッドブル・ホンダ
3 - 106P マクラーレン・ルノー
4 - 92P レーシングポイント・メルセデス
6 - 83P ルノー
5 - 66P フェラーリ
7 - 55P アルファタウリ・ホンダ
8 - 4P アルファロメオ・フェラーリ
9 - 1P ハース・フェラーリ
10 - 0P ウィリアムズ・メルセデス

次戦ロシアGPは、9月25日~27日に行われます。

« F1 2020 Rd.9 トスカーナGP予選 | トップページ | F1 2020 Rd.10 ロシアGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2020 Rd.9 トスカーナGP予選 | トップページ | F1 2020 Rd.10 ロシアGP予選 »