2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2020 Rd.14 トルコGP予選 | トップページ | F1 2020 Rd.15 バーレーンGP予選 »

F1 2020 Rd.14 トルコGP決勝

F1第14戦トルコGP決勝は、難しいコンディションでのレースとなりました。

第14戦トルコグランプリは、前日から続く雨がこの日も降りました。

スタートではリカルドが行き場を失いオコンに接触する同士討ちがありましたが、
大きなアクシデントはなく始まりました。

1コーナーを制したのはストロール、そのあとをペレスが続き、
レーシングポイントが1-2で引っ張る展開に、
素晴らしいスタートを見せたベッテルが3位に浮上しました。

ストロールは序盤後続を引き離していき
1位と3位の差が14秒以上に開きました。

1回目のピットストップ後もストロールがトップを走り続けましたが、
このスティントでペースが上がらなくなると
36周目終了時の2度目のピットからさらにライバルから遅れて後退、
優勝争いからどんどん遠のいてしまいました。

一方で順調にペースを上げていったのがハミルトン。
1ストップ戦略のハミルトンは37周目にペレスを抜くと
他を寄せ付けない速さを見せてトップチェッカー!

今シーズン10勝目でハミルトンは
残り3レースを残して7回目のチャンピオンを決めました!

2位はペレス、ラストラップでコースをはみ出してルクレールに抜かれましたが、
終盤の12コーナーでルクレールがオーバーランをしたすきに
ペレスは順位を取り戻して2位でのフィニッシュ、
3位にベッテル、ルクレールが4位。

5位はサインツ、6位フェルスタッペンはレース中スピンを喫しましたが、
どこにも接触することなく完走を果たしました。

7位はアルボン、8位ノリス、そしてストロールが9位、
10位にリカルドというトップ10、
ボッタスは1周目にスピンして終始下位でのレースとなりました。

<決勝>
1 44 L.ハミルトン 58 1:42:19.313
2 11 S.ペレス 58 + 31.633
3 5 S.ベッテル 58 + 31.960
4 16 C.ルクレール 58 + 33.858
5 55 C.サインツ 58 + 34.363
6 33 M.フェルスタッペン 58 + 44.873
7 23 A.アルボン 58 + 46.484
8 4 L.ノリス 58 + 1:01.259
9 18 L.ストロール 58 + 1:12.353
10 3 D.リカルド 58 + 1:35.460
11 31 E.オコン 57 + 1 Lap
12 26 D.クビアト 57 + 1 Lap
13 10 P.ガスリー 57 + 1 Lap
14 77 V.ボッタス 57 + 1 Lap
15 7 K.ライコネン 57 + 1 Lap
16 63 G.ラッセル 57 + 1 Lap
17 20 K.マグヌッセン 55 + 3 Laps DNF
8 R.グロジャン 49 + 9 Laps DNF
6 N.ラティフィ 39 + 19 Laps DNF
99 A.ジョヴィナッツィ 11 + 47 Laps DNF
Fastest Lap
4 L.ノリス 58 + 1:36.806

ドライバーズポイントは、ハミルトンのチャンピオンが決定、
2位争いはまだ決定していません。

<ドライバーズ・ポイント>
1 - 307P ルイス・ハミルトン
--------229P--------------------------------------
2 - 197P バルテリ・ボッタス
3 - 170P マックス・フェルスタッペン
4 △ 100P セルジオ・ペレス
5 - 97P シャルル・ルクレール
6 ▼ 96P ダニエル・リカルド
7 △ 75P カルロス・サインツ
8 ▼ 74P ランド・ノリス
9 - 70P アレクサンダー・アルボン
10 - 63P ピエール・ガスリー
11 - 59P ランス・ストロール
12 - 40P エステバン・オコン
13 △ 33P セバスチャン・ベッテル
14 ▼ 26P ダニエル・クビアト
15 - 10P ニコ・ヒュルケンベルグ
16 - 4P キミ・ライコネン
17 - 4P アントニオ・ジョヴィナッツィ
18 - 2P ロマン・グロジャン
19 - 1P ケビン・マグヌッセン
20 - 0P ニコラス・ラティフィ
21 - 0P ジョージ・ラッセル

コンストラクターズ争いはレーシングポイントが再び3位へ、
フェラーリも3位争いに加わりそうです。

<コンストラクターズ・ポイント>
1 - 504P メルセデス
--------372P--------------------------------------
2 - 240P レッドブル・ホンダ
3 △ 154P レーシングポイント・メルセデス
4 - 149P マクラーレン・ルノー
5 ▼ 136P ルノー
6 - 130P フェラーリ
7 - 89P アルファタウリ・ホンダ
8 - 8P アルファロメオ・フェラーリ
9 - 3P ハース・フェラーリ
10 - 0P ウィリアムズ・メルセデス

次戦バーレーンGPは、11月27~29日に行われます。

« F1 2020 Rd.14 トルコGP予選 | トップページ | F1 2020 Rd.15 バーレーンGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2020 Rd.14 トルコGP予選 | トップページ | F1 2020 Rd.15 バーレーンGP予選 »