2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2022 Rd.15 オランダGP予選 | トップページ | F1 2022 Rd.16 イタリアGP予選 »

F1 2022 Rd.15 オランダGP決勝

F1第15戦オランダGP決勝の結果です。

第15戦オランダ・グランプリの決勝は、
フェルスタッペンがトップをキープし、ルクレールが追いかける序盤に。

17周目終了時にルクレールが先にピットイン、
翌周にフェルスタッペンがピットに入ると、
ハミルトンがトップに立ち、ラッセルが2位のメルセデス1-2となりました。

29周目にハミルトンがピットに入り再びフェルスタッペンが首位復帰し、
その後ラッセルもピットに向かい2位にルクレール。

45周目終了時にルクレールがピットに入りましたが、
このあとすぐに角田がトラブルでコース上でストップしてしまい、
バーチャルセーフティカーが入ると、
VSC導入中にピットに入ったフェルスタッペン、メルセデスの2台の後ろ4位へと後退。

54周目、ボッタスがホームストレート上でストップして
セーフティカーが入ると、フェルスタッペンはピットインしましたが、
ハミルトンはステイアウトを選択。

その結果、グリーンフラッグが振られた直後に
ハミルトンはフェルスタッペンに抜かれてしまい、
ラッセルとルクレールにも抜かされてしまいました。

レースはその後フェルスタッペンが後続を引き離してポール・トゥ・ウィン、
今シーズン10勝目を母国で決めました!

2位はラッセル、3位はルクレール、4位にハミルトン・

サインツは5位でフィニッシュしましたが、
ピットでのアンセーフリリースがあり5秒ペナルティによって8位へと降格し、
5位にペレス、6位アロンソ、7位ノリスと3人が繰り上げに。

9位オコン、10位ストロールまでが入賞、
ベッテルはブルーフラッグ無視によって1つ順位を下げています。

<決勝>
1 33 M.フェルスタッペン 72 1:36:42.773
2 63 G.ラッセル 72 + 4.071
3 16 C.ルクレール 72 + 10.929
4 44 L.ハミルトン 72 + 13.016
5 11 S.ペレス 72 + 18.168
6 14 F.アロンソ 72 + 18.754
7 4 L.ノリス 72 + 19.306
8 55 C.サインツ 72 + 20.916 +5sec
9 31 E.オコン 72 + 21.117
10 18 L.ストロール 72 + 22.459
11 10 P.ガスリー 72 + 27.009
12 23 A.アルボン 72 + 30.390
13 47 M.シューマッハ 72 + 32.995
14 5 S.ベッテル 72 + 36.007 +5sec
15 20 K.マグヌッセン 72 + 36.869
16 24 周冠宇 72 + 37.320
17 3 D.リカルド 72 + 37.764
18 6 N.ラティフィ 72 + 1 Lap
77 V.ボッタス 53 + 19 Laps DNF
22 角田裕毅 43 + 29 Laps DNF
Fastest Lap
33 M.フェルスタッペン 62 1:13.652

ドライバーズポイント、1位と2位の差が100ポイント以上つきました。
ルクレールがペレスと同ポイントでの2位に上がっています。

<ドライバーズ・ポイント>
1 - 310P マックス・フェルスタッペン
2 △ 201P シャルル・ルクレール
3 ▼ 201P セルジオ・ペレス
4 △ 188P ジョージ・ラッセル
5 ▼ 175P カルロス・サインツ
6 - 158P ルイス・ハミルトン
7 - 82P ランド・ノリス
8 - 66P エステバン・オコン
9 - 59P フェルナンド・アロンソ
10 - 46P バルテリ・ボッタス
11 - 22P ケビン・マグヌッセン
12 - 20P セバスチャン・ベッテル
13 - 19P ダニエル・リカルド
14 - 18P ピエール・ガスリー
15 - 12P ミック・シューマッハ
16 - 11P 角田裕毅
17 - 5P 周冠宇
18 △ 5P ランス・ストロール
19 ▼ 4P アレクサンダー・アルボン
20 - 0P ニコラス・ラティフィ
21 - 0P ニコ・ヒュルケンベルグ

コンストラクターズポイントは順位変わらず。
レッドブルは500ポイントを超えてきました。

<コンストラクターズ・ポイント>
1 - 511P レッドブル・RBPT
2 - 376P フェラーリ
3 - 346P メルセデス
4 - 125P アルピーヌ・ルノー
5 - 101P マクラーレン・メルセデス
6 - 51P アルファロメオ・フェラーリ
7 - 34P ハース・フェラーリ
8 - 29P アルファタウリ・RBPT
9 - 25P アストンマーティン・メルセデス
10 - 4P ウィリアムズ・メルセデス

次戦イタリアGPは今週、9月9~11日に行われます。

« F1 2022 Rd.15 オランダGP予選 | トップページ | F1 2022 Rd.16 イタリアGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2022 Rd.15 オランダGP予選 | トップページ | F1 2022 Rd.16 イタリアGP予選 »