2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

GT4車種一覧1

  • [251]リスター ストーム V12 レースカー '99
    ACカーズ~リスター(251)

GT4車種一覧2

  • [508]日産 ロックタイト ゼクセル GT-R (JGTC) '00
    ロータス~日産(257)

GT4車種一覧3

  • [710]ボルボ S60 T 5 スポーツ '03
    オペル~ボルボ(202)

ラクガキサーキット

  • Original003a
    ラクガキ・サーキットの一覧画像

世界のサーキット

  • [United Kingdom] Cadwell
    世界のサーキットを紹介していきます。(現在60 コース)

LINK

« F1 2022 Rd.21 ブラジルGPスプリント予選 | トップページ | F1 2022 Rd.22 アブダビGP予選 »

F1 2022 Rd.21 ブラジルGP決勝

F1第21戦ブラジルGP決勝の結果です。

ブラジル・グランプリの決勝は、
1周目にリカルドとマグヌッセンが接触してセーフティカーが導入される
荒れたスタートとなりました。

再開された6周目の1コーナーではハミルトンとフェルスタッペンが接触、
フェルスタッペンはウィングを壊して順位を落とし、
5秒ペナルティも受けることになりました。

さらにルクレールとノリスが7コーナーで接触してルクレールがスピン、
フェルスタッペンとルクレールはこの周に緊急ピットインし、
最高峰まで順位を落としました。

トップはポールのラッセルが順調にリードラップを重ねていきます。

51周目にノリスがトラブルでストップすると、
バーチャルセーフティカーが入り、その後セーフティカーへ。

しかしラッセルはリスタート後もトップを守ってトップチェッカー、
初優勝をポール・トゥ・ウィンで決めました!

2位はハミルトン、今年初のメルセデスの優勝は1-2フィニッシュになりました。

3位にサインツ、4位ルクレール、
5位にはバーチャルセーフティカー時にピットに入り順位を上げたアロンソ。

6位はフェルスタッペン、7位ペレスは終盤フェルスタッペンに順位を譲ったものの
ルクレールとの総合2位争いをしながらも順位を返して貰えませんでした。

以下オコン、ボッタス、ストロールと続きました。

なおガスリーはピット速度違反で12位から14位へと順位を落としています。

<決勝>
1 63 G.ラッセル 71 1:38:34.044
2 44 L.ハミルトン 71 + 1.529
3 55 C.サインツ 71 + 4.051
4 16 C.ルクレール 71 + 8.441
5 14 F.アロンソ 71 + 9.561
6 33 M.フェルスタッペン 71 + 10.056
7 11 S.ペレス 71 + 14.080
8 31 E.オコン 71 + 18.690
9 77 V.ボッタス 71 + 22.552
10 18 L.ストロール 71 + 23.552
11 5 S.ベッテル 71 + 26.183
12 24 周冠宇 71 + 29.325
13 47 M.シューマッハ 71 + 29.899
14 10 P.ガスリー 71 + 31.867 +5sec
15 23 A.アルボン 71 + 36.016
16 6 N.ラティフィ 71 + 37.038
17 22 角田裕毅 70 + 1 Lap
4 L.ノリス 50 + 21 Laps DNF
20 K.マグヌッセン 0 + 71 Laps DNF
3 D.リカルド 0 + 71 Laps DNF
Fastest Lap
63 G.ラッセル 61 1:13.785

ドライバーズポイントは2位争いが熾烈、
最終戦を残してルクレールとペレスが同点です。
ラッセルにも2位の可能性が残されています。

<ドライバーズ・ポイント>
1 - 429P マックス・フェルスタッペン
--------403P--------------------------------------
2 △ 290P シャルル・ルクレール
3 ▼ 290P セルジオ・ペレス
4 - 265P ジョージ・ラッセル
5 - 240P ルイス・ハミルトン
6 - 234P カルロス・サインツ
7 - 113P ランド・ノリス
8 - 86P エステバン・オコン
9 - 81P フェルナンド・アロンソ
10 - 49P バルテリ・ボッタス
11 - 36P セバスチャン・ベッテル
12 - 35P ダニエル・リカルド
13 - 25P ケビン・マグヌッセン
14 - 23P ピエール・ガスリー
15 - 14P ランス・ストロール
16 - 12P ミック・シューマッハ
17 - 12P 角田裕毅
18 - 6P 周冠宇
19 - 4P アレクサンダー・アルボン
20 - 2P ニコラス・ラティフィ
21 - 2P ニック・デ・フリース
22 - 0P ニコ・ヒュルケンベルグ

コンストラクターズポイントは順位変わらず。
フェラーリとメルセデスの差がさらに縮まりましたが、
フェラーリがこのまま逃げ切りそうな気がします。

<コンストラクターズ・ポイント>
1 - 719P レッドブル・RBPT
--------675P--------------------------------------
2 - 525P フェラーリ
3 - 505P メルセデス
4 - 167P アルピーヌ・ルノー
5 - 148P マクラーレン・メルセデス
6 - 55P アルファロメオ・フェラーリ
7 - 50P アストンマーティン・メルセデス
8 - 37P ハース・フェラーリ
9 - 35P アルファタウリ・RBPT
10 - 8P ウィリアムズ・メルセデス

最終戦アブダビGPは今週、11月18~20日に行われます。

« F1 2022 Rd.21 ブラジルGPスプリント予選 | トップページ | F1 2022 Rd.22 アブダビGP予選 »

[motorsports] F1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« F1 2022 Rd.21 ブラジルGPスプリント予選 | トップページ | F1 2022 Rd.22 アブダビGP予選 »